ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

リアルタイム情報配信システムとドローンを活用し、豪雨災害が発生時の被害状況の把握を可能に

Google+

豪雨などにおける被害状況を一望できるシステムを開発

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下 EDAC[イーダック])は、2019年8月25日(日)に兵庫県香美町にて、各自主防災会、香美町消防団、美方広域消防本部、香住アマチュア無線クラブが協力した『令和元年度香美町総合防災訓練』への実施協力を行った。

リアルタイム映像配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」の閲覧画面

総合防災訓練は、台風接近に伴う長雨による河川の増水・氾濫および土砂災害などを想定して行われた。この訓練でEDACは、リアルタイム情報配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」と連携したドローンおよびスマートフォンを用いて、災害現場の情報収集を支援した。

香美町は、土砂災害警戒区域が639箇所、うち土砂災害特別警戒区域が215箇所指定されており、台風、豪雨が発生した場合、浸水害だけでなく土砂災害も懸念されている。今回の防災訓練では、リアルタイム情報配信システム「Hec-Eye」を活用し、ドローンおよびスマートフォンで取得した複数地点の被災現場情報を、リアルタイムで遠隔にある対策本部へ共有し情報収集を行った。ドローンを活用することで、一度により広範囲を捜索できるようになったことに加え、リアルタイムで更新される位置情報を活用しより効率的な被害状況の把握を遂行できることが確認できた。

「Hec-Eye(ヘックアイ)」による捜索状況を共有

また総合防災訓練後は、株式会社リアルグローブ(以下 リアルグローブ)主催、EDAC協力によるセミナー『有事および平時におけるドローンの活用 ~Hec-Eyeで情報収集と共有をさらに効率化!~』を実施。

本セミナーでは、「Hec-Eye」と連携したドローンやスマートフォン活用による有事/平時における自治体の業務効率の改善の可能性について、熊本県南小国町における取組事例の紹介を交え、不法投棄対策業務や鳥獣害対策業務の簡素化、災害発生時の空と陸からの取得情報の一元管理等での活用事例について解説を行った。

セミナーの参加者は、「リアルタイムに鮮明な画像が上空から得られることで、活用方法は多岐に及ぶと感じた」、「浸水害や土砂災害時の状況確認、避難所の状況把握、行方不明者の捜索等に活用できる」といった感想を述べた。

ドローンおよびHec-Eyeの、平時・有事両方の活用方法についてセミナーを実施

今後もドローンをはじめとする先端技術の活用等を推進していくため、Hec-Eyeを活用した模擬訓練やセミナーを、自治体と連携して各地で実施していく予定。


@株式会社リアルグローブ
@EDAC(一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会)

 

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。