ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

AI技術を活用した送配電設備向けUAV点検サービスを開始

Google+

送配電設備のあらゆる項目が自動点検可能なソリューション

テラドローン株式会社(以下 テラドローン)は、世界における90,000 km以上の送配電線点検の実績をもとに、AI技術を活用した送配電設備点検用ソリューションを開発し、提供を開始した。

本ソリューションで使用されているAIアルゴリズムは、およそ1500もの画像処理を通じたディープラーニングにより、電力設備における異常箇所の検出精度は約92.5%以上を誇る。

高精度なAIシステムにより特定された、鉄塔部品のゆるみや欠損

ドローン飛行により取得したデータは、このAIアルゴリズムを活用したシステム上で処理することで、鉄塔部品のゆるみやサビ、ピンの欠損、さらに鳥の巣までも自動で特定することが可能。さらに、修繕が必要な箇所を自動でレポート生成することもできる。さらに、データの保存先として、クラウドまたはオンプレミスの2種類のストレージが選択可能で、顧客の要求に合わせて導入をすることができる。

安全性やコスト問題を解決する効率的な点検

自動で生成された点検レポート(ー例)

自動で生成された点検レポート(ー例)

送配電会社は、安定した電力供給をするために、定期的なメンテナンス、さらに送配電設備全体の状況を常に把握している必要がある。しかし従来の方法で点検する際には、ヘリコプターを飛行させるか、多くの点検作業員を現場に派遣しなければならず、点検作業における安全性やコスト面など、様々な課題あった。本ソリューションはこれらの課題を解決することが可能だ。

また本ソリューションは、災害により被害を受けた送配電設備の迅速な復旧にも活用することがでる。先月関東地方を襲った台風15号により、千葉県内では約2000本の電柱が倒壊・損傷、君津市の送電鉄塔2基が倒壊・損傷し、これらが大規模停電の原因となった。迅速な復旧が求められるとともに、再発防止のためのドローンを活用した効率的な設備点検の需要は高まると言われている。

テラドローンは、本ソリューションを活用することで、送配電設備のメンテナンス作業の効率化や安全性の向上を図るとともに、被災地域の復興にも貢献していく。


@テラドローン株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。