ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ALSOKが屋内警備ドローンを東京スカイツリータウン®内で実証

Google+

屋内の警備も可能な完全自立警備ドローン

綜合警備保障株式会社(以下ALSOK)と東武タワースカイツリー株式会社 および東武タウンソラマチ株式会社は、東京スカイツリータウン内にて、AI搭載の完全自律飛行ドローンを活用した警備システムの実証実験を実施した。本機はAIによる画像分析により、GPSを使用することが困難な屋内での運用が可能。ALSOKは今後、全国各地の施設等において実証を進め、本ドローンを活用した警備の省人化・効率化を目指していく。

■実証概要
ALSOKは、2020年7月14日(火)に、ALSOKが施設警備業務(常駐)を担当する東京スカイ ツリータウン内にある、世界一高い自立式電波塔「東京スカイツリー®」の展望台および都内最大級の店舗数を誇る大型商業施設「東京ソラマチ®」において、完全自律飛行ドローンによる巡回警備を行った。

実証実験エリア

本実証では、天望デッキおよびソラマチ商店街に設置したドローンポートからドローンを完全自律飛行させ、以下の項目を検証し、本ドローンの有用性を確認した。

・スムーズなフロア間移動
・巡回ルート上のチェックポイント通過
・飛行中のリアルタイム映像配信
・飛行中のAIによる人物検知

今後は、引き続き実証を重ねて課題の洗い出しを行うとともに、本ドローンの商用化に向けた操作性等の向上を図る。ドローンの活用により、警備業界が抱える人手不足解消や更なる警備品質向上による施設の安全確保を目指していく。

Skydio2をベースに開発された警備ドローン

ALSOKは、skydio社のskydio2をベースに非GPS環境下での巡回を可能にするドローンを開発した。本ドローンには以下の特徴があり、屋外およびGPSによる飛行が困難な屋内において人の手を介さない完全自律運用が可能。

・搭載した4Kカメラを用いて全方向のVisual SLAM(画像を用いた自己位置推定と環境地図作成)をリアルタイムに行い、屋内での完全自律飛行が可能
・離隔距離最小50cmの狭い空間での飛行が可能
・障害物を自動で回避可能
・充電ポートに自動で離発着および充電が可能
・リアルタイムに遠隔地へカメラ映像を送信可能
・AIエッジコンピュータを搭載し、ドローン単体で人物などの検出が可能

ドローン外観、システム概要

ALSOKが目指す将来像

複数のドローンが順次自動巡回し、リアルタイム映像を警備室に送信することで、一つの施設内の広い範囲を少ない警備員で効率的に監視することが可能となる。

本ドローンは今後法制化されるセルラードローンとしての活用も見据えており、将来的には本ドローンにLTE 通信モジュールを搭載することで、大型商業施設の巡回や社会インフラの点検等、複数拠点の業務を一つのガードセンターで遠隔から監視および駆けつける体制の構築を目指している。

今後、ALSOKは警備業界が抱える人手不足問題に対応するべく、本ドローンを活用した巡回業務の省人化・効率化の実現に向けて取り組んでいく。

目指す将来像

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。