ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

モバイルネットワークを活用した物流ドローンが目視外飛行に成功

Google+

セルラードローンで9kmの長距離を目視外で飛行

株式会社自律制御システム研究所(以下、ACSL)は、モバイルネットワークを経由した自律飛行に対応したドローン(以下、セルラードローン)を開発し、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)ならびに日本郵便株式会社(以下、日本郵便)と、レベル3(補助者無しでの長距離目視外)環境でのLTEを活用したドローンの自律飛行の実証実験(注1)に2019年3月11日(月)注2)に成功した。
本検証ではドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能を適用しており、今後のセルラードローンの利用拡大を見据えた取組みとなる。

ドローンを活用した長距離に渡る物資搬送や上空からの映像・データ伝送等のニーズの高まりにより、今後、より長距離・広範囲にドローンが飛行でき、かつ高速で遅延の少ないデータ通信が行える通信環境の整備が重要になってくる。

この課題に対し、ACSLは、レベル3環境での自律飛行に対応したセルラードローンを開発。LTE通信を活用し、広範な空域でテレメトリ情報・映像の通信が可能となり、また従来の通信機器分の重量を荷物増量・飛行距離拡大に割くことが可能になる。また、本機体はドコモが開発したセルラードローンの送信電力最適化機能に対応している。

ドコモならびに日本郵便の協力のもと、小高郵便局(福島県南相馬市)~浪江郵便局(福島県双葉郡浪江町)間において飛行しているドローンによる郵便局間輸送業務において、本機体を用いたLTEネットワークを活用したドローンの性能検証(注1)を2019年3月11日(月)(注2)に成功させた。検証の結果、約9kmもの長距離にわたりドローンのレベル3運用に必要な映像や各種信号が、LTEネットワーク経由で安定して伝送できることが確認できたとしている。

注1) 本検証は、携帯電話等を無人航空機に搭載した実用化試験であり、試験に必要となる実用化試験局免許を取得済み。

注2) ドローンの飛行を2019年3月5日(火)に実施し、モバイルネットワークへの影響確認を2019年3月11日(月)に完了。


@株式会社自律制御システム研究所

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。