ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

エアロネクストが中国深圳市でグローバル展開を開始

Google+

総経理には中国産業・ドローンに精通した川ノ上氏が就任

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(以下エアロネクスト)はエアロネクストの中国におけるビジネス展開の拠点として、中国深圳市にあらたに現地法人「天次科技(深圳)有限公司 (英文名 Aeronext Shenzhen Ltd.)」を設立し、中国の産業、業界に精通し、広く産官学のネットワークを持ち、深圳にて日本と中華圏のドローン産業関係者をつなぐ事業に長年従事してきた川ノ上和文氏が「天次科技(深圳)有限公司」の総経理に就任したことを明らかにした。
天次科技(深圳)有限公司の総経理に就任する川ノ上和文氏

天次科技(深圳)有限公司の総経理に就任する川ノ上和文氏

エアロネクストは、UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現すべく、機体の構造を根本的に見直し、独自の重心制御技術4D Gravity®︎を開発した。この独自の4D Gravity®︎をUAVの標準技術にするために強固な特許ポートフォリオを構築し、4D Gravity®︎テクノロジーライセンスビジネスのグローバル展開を推進している。グローバル展開において大きなターニングポイントとなったのが、昨年11月に深圳で行われた深圳国際ピッチ大会「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018」だ。そこで総合第3位と知的財産賞をダブル受賞したことを機に、深圳市南山区人民政府、深圳市ドローン産業協会、深圳清華大学研究院より支援され、中国におけるビジネス展開の可能性を探ってきた。

一方で、国際都市香港にも程近く、経済成長著しい深圳市は「中国のシリコンバレー」とも称され、多くの起業家、投資家、大企業の開発部などが集まり、「経済特区」にも指定されている。無数の中小製造メーカーが存在し、多くのハードウェアでのイノベーションが生まれているといわれており、実際数百のドローン企業が存在している。このような環境が、エアロネクストのグローバル戦略の第一歩を踏み出す場所として最適と判断し、今回の法人設立に至った。

総経理に就任する川ノ上氏は、2005年北京語言大学への短期留学を機に上海、北京で日系企業の店舗運営や中国企業の東京進出プロジェクト等で企画開発、顧客開発等に従事、その後2016年に深圳、台湾でのドローン産業リサーチを開始し、日本と中華圏のドローン産業関係者をつなぐイベント企画や産業ツアーの企画運営を実施してきた。現在は深圳在住で、深圳・ベイエリア圏を中心に産官学の現地ネットワーク開拓、業界団体、起業家コミュニティ、インキュベーター、アクセラレーター、大学創業コミュニティなどとの関係構築、国際連携のニーズ把握を行い、日本企業との橋渡しやその後の事業開発のサポートを実施しており、特にドローン産業に精通し、日中ドローン業界に幅広いネットワークを築いている。

今後は「天次科技(深圳)有限公司」の総経理として、中国市場での4D Gravity®︎テクノロジーライセンスビジネス推進における用途開発や顧客開発、セールス、マーケティングに従事していく方針だ。

今回の深圳における、総経理に川ノ上氏を迎えた「天次科技(深圳)有限公司」の設立は、「ドローン前提社会」と「新しい空域の経済化」の実現をビジョンに掲げるエアロネクストのグローバル展開戦略の大きな第一歩といえる。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。