ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

葉色解析サービス「いろは」と 営農管理ツール「アグリノート」連携オプションサービス開始

Google+

アグリノートといろはの連携で圃場管理解析がパッケージに

株式会社スカイマティクス(以下スカイマティクス)とウォーターセル株式会社(以下ウォーターセル)は、スカイマティクスが提供する葉色解析サービス「いろは」とウォーターセルが提供する営農管理ツール「アグリノート」の連携オプションサービスの提供を開始する。二つのサービスの連携により、アグリノートが記録する日々の営農情報にドローンが空から取得する視覚情報が加わり、栽培経過をより正確に把握し、より鮮明に残すことができる。

■ スカイマティクス いろは
ドローンで撮影した農地の画像をインターネット上で管理・診断することができるクラウドサービス。大容量の画像・情報を圃場ごとにクラウドに保存し、いつでもどこでも簡単に農地や作物の状態を確認することが可能。スカイマティクス社自身が開発する専用ドローンのほか、市販されているドローンにも対応している。

■ ウォーターセル アグリノート
農場を航空写真マップで可視化し、農作業および圃場の管理やスタッフ間の情報共有をサポートするクラウドサービス。PCブラウザのほか、専用のアプリを利用することで、スマートフォンやタブレットからも農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧ができる。

・情報連携
二つのシステムが連携することにより、いろはで撮影した画像をアグリノートの圃場と紐付けて管理することが可能になる。アグリノートでは、新規に画像がアップされたことが通知され、画像及び解析結果の詳細を確認したい場合はワンクリックでいろはの管理ページに移動可能。

・実績確認
アグリノートの実績確認機能にいろはの情報が加わる。いろはにアップロードした画像が生育状況の記録としてアグリノートに自動で作成され、その時々の圃場の状態を管理できるようになる。作業と結果を時系列で把握することで、栽培の振り返りがより明確に行える。これらの連携オプションサービスの提供を6月5日より開始した。

※本機能は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:大D08、課題名:農業データの一元管理によるスマート農業体系の実証)」(事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の取り組みを進めていくために、2つのサービスの連携を水稲の生育盛期までに稼働させる必要があるため、一部先行してこの連携を構築した。実証期間を通じて、随時改良・アップデートを行う予定である。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。