ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

Google+

ドローン空撮AI解析を組み合わせた損害調査を開始

Airobotics K.K.(以下 エアロボティクス)は、世界で初めて⽶連邦航空局(FAA)から認められたパイロット不要のドローンソリューションを開発した企業だ。今回、東京海上⽇動⽕災保険株式会社(以下 東京海上⽇動)と連携し、ドローンで撮影した複数の画像を⼈⼯知能で解析を行う取り組みを開始すると発表した。この取り組みは、主に企業が所有・管理する⼯場や倉庫等を対象に、迅速に損害調査から修理費の算出までを可能とした。2019年6月から開始する。

建物点検のイメージ。可視カメラ、⾚外線カメラで取得したデータを統合し、AI を活⽤することで、効率的に損害状況を把握する。

建物点検のイメージ。可視カメラ、⾚外線カメラで取得したデータを統合し、AI を活⽤することで、効率的に損害状況を把握。

ソリューションはドローンで撮影した⼯場や倉庫等の空撮画像をつなぎ合わせて、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画画像データ及び3D モデルを作成。作成したデータを解析し、具体的な損傷状況や損害額を迅速に算出する。エアロボティクスのデータ解析プラットフォームを使用し、調査から修理費の算出までを、正確かつ迅速に⾏うことができ、時間の短縮に効果的だ。加えて利用者の同意のもと、撮影した⼤量の画像データと損害鑑定⼈等による画像診断結果をAI に学習させることで、精度を向上していく。

これまで、東京海上⽇動の損害鑑定⼈による調査で、通常1 ヶ⽉程度かかっていた保険⾦の⽀払い期間を⼤幅に短縮。さらに、複数箇所で同時間における調査を必要とする広域災害発⽣時においても、多くの利用者が所有する物件に対して、迅速に損害調査を実施できるようになる。今後は個⼈の住宅、家屋等の被害に対しての応⽤も検討中だ。

エアロボティクスのCEO兼共同創設者、ラン・クラウスは、以下のようにコメントした。

「当社のデータ解析プラットフォームを通して、⼯場や倉庫の損害状況をデジタル化し、AI が解析することによ
り、効率化に寄与できる事を光栄に存じます。今まで⼈⼒で⾏われていた多くの業務を⾃動化してシームレスに提供し、損害状況の把握や修理費の算出を⾏います。業務フローに直接組み込むことで、ドローンの空撮データの使⽤を⼀般化し、⽇々の点検や災害時の復旧活動に不可⽋な要素となる事を⽬指します。」

続いて、エアロボティクスのChief Revenue Officer である、リック・ベーカーは、以下のようにコメントを残している。

「当社は、ドローンはデータ取得の⼿段に過ぎず、⼤量のデータこそが成⻑ドライバーであるという強いビジョンを持っています。 当社のAI 搭載データプラットフォームにより、従来の点検・防災管理の⼿法から、リアルタイムに近い正確なデータを使⽤することで、より積極的で計画的な運⽤が可能になることを期待しています。」今後、個⼈の住宅・家屋等の被害に対しても、本取り組みを応⽤出来るか、検討してまいります。

 

海外の第一線から各国+日本に進出

エアロボティクスは、世界初のパイロット不要ドローンソリューションを開発。現在、アメリカに本社を置き、オーストラリア、イスラエル、シンガポールに拠点を拡大している。また、新たに日本(東京)にも拠点を築き、日本市場への進出を開始する。

世界で唯⼀、FAAから⼈⼝密集地域おける⽬視外⾶⾏許可を取得し、都市部におけるドローンの利活⽤及びデータ解析に注力すると発表した。エアロボティクスのチームは航空宇宙関連のハードウェア設計、堅牢な電⼦システム、最先端のソフトウェア⼯学、そして商⽤ドローンサービスにおけるキャリアや各拠点でそれぞれが多岐に渡る専⾨性を持ち合わせている。 各メンバーの異なる経験や個性を活かし、産業環境のニーズに対応したソリューションを提供していく。


@エアロボティクス株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。