ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

多目的産業向けAIエッジコンピューター搭載ドローン「A.L.I. Number One」を開発

Google+

産業のニーズに合わせたドローン開発

エアーモビリティ社会実現のテクノロジーリーダーである株式会社A.L.I. Technologies(以下A.L.I.)は、多目的産業向け国産AIドローン『A.L.I. Number One』(エーエルアイ ナンバーワン)を開発したことを発表した。

■多目的産業向け国産AIドローン『A.L.I. Number One』の開発背景
様々な産業領域におけるドローン活用の期待の高まりとともに、よりそれぞれの実務現場や業務にて使いやすいドローンの要望が高まりつつあり、一般的に市販されている屋外での映像撮影向けドローンではなく、産業に則した機能や性能を備えたドローンが求められはじめている。こうした産業領域での業務によりそったドローン機材や、専門性の高いドローンによるソリューションが最も求められているにもかかわらず、現在のドローン市場には、これに対応できるドローンが必ずしも多くないことが本格的な産業用ドローンの社会実装の障壁の一面なっている。

A.L.I.では、こうした課題への一つの解決策として、様々な業務環境下に対応し、AIによる高度かつ柔軟なデータ処理解析を含んだ運用を実現する、AIエッジコンピューターを搭載した産業用ドローン『A.L.I. Number One』の開発に取り組み、今般、開発に成功したことを発表した。これにより、上記の課題を解決し、より幅広い産業領域に最新テクノロジーのドローンによるソリューションを提供することが可能となる。

 

AIによるリアルタイムでの解析が可能な多目的ドローン

■『A.L.I. Number One』について
『A.L.I. Number One』は、AI推論が可能なエッジコンピューター機能をドローン本体内部に搭載することで、AIによる解析結果のデータをドローンから直接出力し、ドローン操作者に送信することを可能としている。

これにより、従前のように、ドローンの飛行によりセンシングされる膨大な画像・映像データや各種のリアルタイム数値データを、メモリーカードなどのストレージデバイスを経由して獲得し、飛行後にAI機器などで解析するといった段取りを経る必要がなくなり、リアルタイム性が求められる点検/検査分野、警備/監視分野等で飛行中の即時解析や即時判断が可能となる。例えば、大型イベント時の不審者検出や災害時の土砂崩れ予測等を、この『A.L.I. Number One』によって上空飛行中のドローンから行うことも可能となる。

さらに、『A.L.I. Number One』は、ドローン本体内に搭載するAIエッジコンピューターでの処理だけでなく、A.L.I.のAI画像解析クラウド「SMARK™」に接続することで、さらに高性能な画像解析を行うことも可能になるなど、搭載エッジコンピューターとクラウドを、柔軟に使い分けることも可能となっている。

SMARK™ (スマーク)とはクラウド上に構築したAI処理サーバーにて、より多目的にAIによる画像診断を行えるよう、各種の点検 /検査に特化したマーキングツールだ。

SMARK™解析イメージ図

このAIエッジドローンを活用したソリューション提供先として、既に多くの企業様との協業が決まっている。さらに、A.L.I.は今後も様々な企業様の課題解決を目指し、ドローン・AIを活用したソリューションを提供し続けてゆく。

■開発担当者  Edge Robotics本部 副本部長 Mohamed Aliのコメント

「私たちは、全く新しいAIエッジドローンを紹介できることを嬉しく思っています。このエッジドローンが、数多くの点検などの企業のニーズに役立つことを願っています。このエッジドローンは、A.L.I.に加わった多くのドローン・AIエンジニアの開発の成果です。このエッジドローンが、私たちのビジョンである将来の技術革新につながっていくことに興奮を覚えています。」

*ドローンの機体デザインは、お客様にご提供するまでに変更されることがあります。


@株式会社A.L.I. Technologies

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。