ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

XAG、XAIRCRAFT JAPAN 株式会社、バイエル クロップサイエンス株式会社、 ドローンを活用した日本における共同事業開発の独占契約を締結

Google+

日本の農業市場に海外勢が本格参入!

●出展:農協協会

東京、2018年11月19日 -バイエル クロップサイエンス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハーラルト・プリンツ)、XAG Co., Ltd. (広州極飛科技有限公司、本社:中国・広州、創業者兼CEO:彭 斌/ビン・ペン)、XAIRCRAFT JAPAN 株式会社(本社:兵庫県小野市、代表取締役:住田 靖浩)の3社は、日本国内市場におけるドローンを活用した共同事業開発の独占契約を、11月19日(月)に締結した。今回の契約を通じて、今後3社は、日本市場や生産者の要望に対してオーダーメイドのソリューション開発を目指し、日本の農業の持続可能な成長に貢献していく。

RTKによる完全自動飛行を可能にしたXAG
日本では日本法人XAIRCARFT JAPANが取り扱う

現在、世界的規模で、食糧問題の解決や農業効率化が急務とされており、そのためのソリューションとして、IoTと農業の融合化など、農業のデジタル化が注目されている。特にドローンの活用は、センシング技術および、農薬、肥料、種子等の散布技術による省力化など、精密農業として大変期待されている。国内においても、農業の後継者問題が深刻化する中、担い手である日本の農家の省力化を見据え、ドローンを活用した技術開発のニーズが高まっている傾向にある。

バイエル クロップサイエンスは、水稲、畑作、野菜および果樹の豊富な農薬ポートフォリオと付帯サービスで、農家の方々をサポート。一方、XAGおよびXAIRCRAFT JAPANは、農業に特化したドローンによる精密散布技術に特長を持っている。

今回の契約締結によって、それぞれの強みを生かし、日本における「共同ドローンビジネスプロジェクト」「ドローン農薬散布技術の共同開発」「デジタル農業の共同開発およびデータの相互補完」の3つのプロジェクトに取り組むことで、日本の農家の個別のニーズや課題に対応するオーダーメイドのソリューションを提供していく方針だ。共同事業開発における初年度目標は、農業用ドローン市場のシェア30%獲得を目指す。

今後、バイエル クロップサイエンス、XAG、XAIRCRAFT JAPANの3社は、日本の農業市場のさまざまな問題を解決すべく、担い手の省力技術、高効率農業、精密農業の実現に向けて、新規技術、ビジネスモデルの開発を加速させ、イノベーションを提供していくとした。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。