ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

Google+

ブルーイノベーション株式会社は、複数のドローンを協調・連携させて複雑なミッションを達成させる統合管理プラットフォームBlue Earth Platform(BEP)を軸に、警備、屋内点検、教育・安全、エンタメ、物流の5つのサービスの展開を図る、ドローンの先駆的ソリューション・プロバイダーだ。特に、屋内の点検分野においては、Flyability SA(本社:スイス ローザンヌ、共同創業者兼CEO: PATRICK THÉVOZ、以下Flyability)と業務提携し、屋内狭小空間での飛行に最適な性能を持つFlyability社の”Elios”製品による、これまでにない屋内点検分野での新たなソリューション・サービスについて検討してきた。この度、安全で時短・コスト削減を実現する屋内点検サービス「Biインスペクター」を6月4日よりスタートすることを発表した。

▼Biインスペクターとは
Biインスペクターは、コンパスエラーが出ない、壁面に衝突しても安定した飛行を続けることができる、球体のカゴが回転してもカメラは安定して撮影することができる、強力なLED照明(28W)が暗闇の中を明るく照らせる、といった”Elios”の特性を活かして、機械設備の多い工場や設備内部・配管などのGPSの入らない特殊な環境においても、安全かつ安定した飛行で点検運用が可能なサービスとなっている。これまで点検作業が難しかった、工場、プラント、トンネル・配管といった現場での低コストで安全な点検業務を実現するドローンとして、特殊な構造を活かすことができる。

▼Biインスペクターのメリット
1. 従業員の安全性向上
危険な場所に立ち入る必要がなく、あらゆる環境で遠隔視覚点検を可能にする。

2. 作業時間の大幅な短縮
現場点検の準備に時間がかからず、また、点検作業に数日かける必要はなく、数時間で終了。

3. 圧倒的なコスト抑制
目視点検を行うために必要な足場、ロープ、クレーンが不要で、ドローンのみで済むため、コストを大幅に抑えることが可能だ。
※Biインスペクターの詳細につきましては、特設サイトをご覧下さい。
https://www.blue-i.co.jp/bi-inspector/

▼”Elios”の特長
1. 安全な点検作業とコスト削減を実現
工場内のボイラー、タンク、圧力容器、トンネル等の狭小空間に遠隔操作で進入し点検作業を行う。安全に作業ができ、さらに作業時間の短縮、検査コストの削減を実現。

2. 操縦は簡単、誰でもすぐに操作可能
操縦経験は必要がなく、パッケージを開けてバッテリーを挿入するだけで、衝突、損傷、あるいは負傷といった心配もなく、安全に飛行させることが可能。Eliosはどのような場所でも離着陸させることが可能だ。

3. 高解像度画像を実現する、オールインワンソリューション
Eliosは完全な暗闇の中でも最大0.2mm/pxの画像を撮影・配信可能です。これまで点検が難しかった箇所でも、LED照明とサーモカメラにより、点検可能となった。

▼”Elios”の機能

▼Biインスペクターのサービス内容(フロー)

▼ブルーイノベーションが開発する”Blue Earth Platform”とは
Blue Earth Platform(BEP)は、ミッションをベースに複数のロボットやドローンを統合管理するプラットフォームだ。任意の地図情報や、物体の位置情報、そしてそれらオブジェクトの属性情報を統合・管理することによって、ドローンやロボットの自動制御による業務ミッションの達成をスマートに実現していく。

つまりは、ドローンやロボットが自分の位置を推定するシステム、ドローンやロボットヘのサーバー通信システム、ドローンやロボットを操縦するシステム、全ての情報を統合管理するシステム、という4つのシステムを連携させて、複数のロボットやドローンを統合管理している。

ブルーイノベーションでは、BEPを軸に、下図にあるように、今年5つのサービスを展開する予定としている。一つは、社員健康管理および警備サービス「T-FREND」。二つ目は、屋内点検サービス。三つ目は、教育向けサービス。四つ目は、エンタメサービスである「プラネットドローン」。五つ目は、「物流用ドローンポート」を軸にした物流サービス。いずれのサービスも、BEPの技術が内蔵されており、強力にサービスをサポートする。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。