ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

海におけるドローン運用を促進!
日本海洋ドローン協会を設立

Google+

株式会社エンルートラボが海洋におけるドローンの促進活動を行う「日本海洋ドローン協会」を(公財)日本セーリング連盟 加盟団体 外洋三崎の木原 徳人を代表理事とし設立しました。


海洋ドローンの安全運行を直ちに提案

航空分野におけるドローンは技術、法整備の両面で急速に進歩している。しかし、海洋で活躍するドローンについては技術、法律、事業の面で活動が進んでいないことから、これらを促進するために日本海洋ドローン協会が設立された。
今回設立されたのに加えて、会員の募集を行っている。会員はこれからの海洋でのドローンの活躍について協議し、早急に安全に運行するためのルールを確立することを目標としている。また、会員は公式WEBサイト(http://mdrone.org/)で募っている。

■日本海洋ドローン協会の事業内容
日本海洋ドローン協会では、海洋ドローンのリファレンス機の開発を積極的に行い、それを使用した運用トレーニングを行う予定です。それに加え、以下の事業を展開することで、海洋ドローンの普及に努めていきます。
・海洋ドローンの安全性の向上および事業発展のための認証・評価制度の整備ならびに実施
・海洋ドローン普及のための情報提供、人材育成、就業斡旋
・海洋ドローンの企画、製造および販売
・海洋ドローンに関わるシンポジウム、セミナー、研修会等の開催および協力
・ 海洋ドローン推進に向けた国および地方自治体への政策提言
・海洋ドローンのためのコンサルティング
・海洋ドローンに関する機関誌、出版物の発行業

■日本海洋ドローン協会会員の種類
日本海洋ドローン協会では、協会の趣旨に賛同し、事業パートナーとして、技術提供や機材の開発などを協会と会員の参加企業と共同で実施する特別法人会員、通常の法人会員以外にも、個人や学生の方が参加しやすい個人会員を設けています。

■日本海洋ドローン協会会員について
日本海洋ドローン協会の会員となり、参加いただくことで、下記のような会員特典が受けられます。
・認証・評価・コンサルティング、研修会への参加、リファレンス機、書籍、など会員割引価格で提供
・メールニュース、会報の購読
・技術研究会への参加
・最新技術の会員向け情報提供
・協会主催の人材育成事業、技術交流セミナーなどに会員割引価格で参加
・会員交流会への参加

■今後の展開
日本海洋ドローン協会では、会員の募集を行うとともにリファレンス機の開発と、その運用に必要なトレーニングを行っていきます。また、現状の問題点を整理し普及を促進するための課題整理を行うセミナーを、今年の冬に実施する用意を進めております。

■協会 概要
名称: 一般社団法人 日本海洋ドローン協会
代表理事: 木原 徳人
理事  : 伊豆 智幸
石川 雄一
貝道 和昭
新田 肇

■問い合わせ
日本海洋ドローン協会

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。