ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

Drone Fund とエン・ジャパンがNext Drone Innovators 採用プロジェクト開始

Google+

ドローン産業の発展に向けた採用

Drone Fundとエン・ジャパン株式会社は、2019 年 7 月 18 日(木) より Next Drone Innovators 採用プロジェクトを開始することを発表した。

ドローンスタートアップ向けにエン・ジャパンが運営するミドル層専用の転職求人サイト 『ミドルの転職』、若手ハイキャリアのための転職サイト『AMBI(アンビ)』の2サービスにて「Next Drone Innovators 採用特別プラン」を用意し、Drone Fund の投資先であるドローンスタートアップ企業 6 社の求人募集を実施。求人公開と同時に特設ページもオープンされる。

少子高齢化が急速に進む日本では、近い未来に労働力不足のさらなる深刻化が予想される。あらゆる産業のオートメーション化、ロボットによる自動化の推進は急務だ。中でも期待を集めているのが、無人航空機ドローンの活用。経済産業省が 2018 年に公表した「空の産業革命に向けたロードマップ」では、ドローンの飛行状況別に具体的な活用時期や用途が明示された。農薬散布や映像コンテンツの空撮といった操縦飛行や自律飛行はすでに実用化されている。今後は、2022 年度を目処に掲げられている「有人地帯での目視外飛行」実現により、都市の物流や警備、発災直後の救助や避難誘導、都市部のインフラ点検など人口密集エリアでの高度な活用の本格化を見込んでいる。これから推し進められるドローン産業において、ビジネスサイドも、技術サイドもチャレンジングな開発環境を好み、自ら産業を興していく気概を持った人材が必要不可欠である。同社はドローン産業の発展を握るドローンスタートアップ企業の採用成功と、その後の活躍・定着まで一気通貫でサポートしてゆく考えだ。

■Drone Fund について
Drone Fund は、ドローン関連のスタートアップに特化したファンドとして 2017 年 6 月に設立されました。「ドローン前提社会」と「エアモビリティ社会」の実現をテーマに投資を行なっており、1 号ファンドでは、総額約 16 億円にて資金調達を完了、22 社のドローン関連のスタ ートアップに投資を実行しました。2 号ファンドは、総額約 52 億円の調達を実施し、ドローン、 エアモビリティの企業への投資を加速させてゆく考えだ。


@Drone Fund (ドローンファンド)
@エン・ジャパン株式会社
@ミドルの転職
@AMBI(アンビ)

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。