ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナの水中測量実用化研究に成功

Google+

陸上・水中の3次元計測により、河川を面的に捉えることが可能

株式会社パスコと株式会社アミューズワンセルフは、国土交通省水管理・国土保全局河川環境課河川保全企画室が実施した「革新的河川管理プロジェクト」の「陸上・水中レーザードローン」の開発チームとして陸上および水中を面的に計測するグリーンレーザースキャナの研究開発を2017年4月から共同で進め、実用化研究に成功した。

グリーンレーザースキャナとは?
陸上と水底の反射波の識別が可能なレーザー計測機器。なお、国土交通省では、2月1日の報道発表にて、従来の測量や点検等の結果に加え、本研究成果のグリーンレーザースキャナで取得する三次元データを活用することで、維持管理の高度化・高精度化が図れる。また、小型軽量で可搬性に優れており、被災地域への応援などでも効果が発揮できるとし、順次、各地方整備局等において実装を進めて行く旨、発表された。

今回開発に成功したグリーンレーザースキャナは国内初の地上と水底を面的に計測可能なドローン搭載型のシステム。また、世界的に見ても画期的なものとなり、期待が高まる。

標高段彩図

陰影図

■本プロジェクトの成果
(1)ドローン搭載型グリーンレーザースキャナドローン搭載型のレーザースキャナとして総重量が2.8kgと、小型・軽量化を実現。積載可能重量が3kg以上のドローンであれば、機種を選ばずに運用が可能。また、今回のプロジェクトに参加したチームで唯一、陸上部と水中部を同時に面的に計測可能なグリーンレーザースキャナを完成させた。

(2)ドローンレーザー計測に必要な3つのアプリケーションを開発3次元点群出力・キャリブレーションアプリ3次元点群編集(点群データのノイズ除去、フィルタリング処理、3次元地形モデルへの変換)点群および3次元地形モデルの閲覧と簡単な解析これらのアプリケーションにより、計測計画の立案や高度で手間のかかる3次元点群生成作業、点群編集などが簡単に行えるほか、3次元データを可視化し、活用できるようになった。

■アミューズワンセルフの今後の活動
陸上用のレーザースキャナは既に製品化しており、今後は実用化研究に成功したグリーンレーザースキャナについて、更なる軽量化を目指すとともに、製品化を進めていく。パスコは、今回の成果を河川域の面的な管理に生かし、河川管理業務の効率化・高度化・高精度化や、土木・港湾工事などで本格化しているi-Constructionでの活用に向けた取り組みを行う。また、自然災害発生時の現状把握や、ため池の改修・整備、森林の維持管理、国土強靭化につながるインフラの維持管理など、多方面での活用も視野に入れて進めていく。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。