ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

土工現場の実態を「見える化」するIoTを導入!仕事の効率アップに成功

Google+

ドローンやIoTの発展によって様々な分野で効率化が進んでいるとよく聞きますよね?そこで実際に効率化に成功している土工現場の話が入ってきたので御紹介します!

大和ハウスグループの株式会社フジタが土工現場で「全工程見える化」を取り入れ、従来比約15%生産性アップを果たしているというニュースです。

見える化とはなんなのか?具体的にどういうことかと言うと、衛星測位システム(人工衛星によるGPSのようなもの、正しくはNSS)を利用することで、ダンプやトラックの位置・運行状況をマップ上で視覚的に把握することに成功。それによって稼働時間をより短縮することや、効率的なトラックの配置が行えるようになった。これらの技術により、進行計画の見直し改善ができたというもの。また、トラックやダンプだけではなく実際に工事を進めるブルドーザーや割岩ブレーカーといったICT建機の仕事量も3次元測量によって、土量の算出を行い進歩状況が把握できるようになったようです。

さらに、これらの情報をクラウドに集約することでトラックの動き、ICT建機の仕事量、オペレーター(人)の作業率などを全て視覚的に”見える化”を図ることで連携がスムーズに進み、各現場の効率化に繋がっているということです。

今回の例はドローンが関係しておりませんが、以前お話を伺った小松製作所こと建設機械のコマツでは、「スマートコンストラクション」というICTを使った仕事効率化ソリューションを発足しています。測量や現場の監視にドローンを採用していて、フジタと同じように建機の運行状況や作業員の進行具合を視覚的に見ることができ、独自のクラウドを使うことで短時間かつ効率的にデータにできるという物でした。

今後ICTとドローンを活用した現場が増えてくることで、土工現場だけでなく、色々な分野での仕事効率化がポイントになってくることでしょう。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。