ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

Liberawareが屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Google+

超小型ドローン&独自クラウドで作業員の負担を軽減

産業分野に特化した小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、2019年4月上旬より屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を開始。床下や天井裏・配管路等屋内の狭所空間で利用できる小型点検用ドローンの需要が高く、ドローンの活用により、作業者の精神的負担軽減および点検の質向上、インフラ設備の老朽化への対応や防災・減災などの効果が見込め、企業をサポートしていく。

Liberawareと提携する専門の代理店がドローンの機体貸与・操作を行い、撮影した映像データからパノラマ画像を生成し、合成することにより、ワンストップで点検データを扱えるようになる。

「空の産業革命」と呼ばれるドローンは、「エアモビリティ社会」の実現に向けたロードマップが政府で閣議決定されるなど、ますます注目を集めている。中でも床下や天井裏・配管路等屋内の狭所空間で利用できる小型点検用ドローンの需要が高く、ドローンの活用により、これまで人の手によって行われていた巡視業務の省力化や、人の立ち入りが制限される地域の点検作業の実施、作業者の精神的負担軽減および点検の質向上などの効果が見込める。また、インフラ設備のデータ収集にドローンなどのデジタル技術を活用することで、老朽化への対応や防災・減災への効果が期待されている。一方、高機能のドローンは高価かつ国交省への利用申請が必要な大型のものに限られており、導入の障壁が高いことが現状だ。

今回の事業開始にあたり、昨年に大手鉄鋼メーカと共に同社が保有する複数の施設内の暗所・高所・狭所空間でドローンによる点検を実施し、その有用性を確認した。また、4月の事業開始に先駆け、同社を含む多数のプラント業者からすでに受注している。Liberawareのドローンレンタル事業では、次のような3つの大きな特徴が見込める。

1.狭く、汚く、危険な場所で、作業員の代わりに点検作業が遂行可能
手のひらサイズの超小型ドローンによって、作業員の代わりにプラント内部や高所等の人が行きにくい場所の状況把握が可能となり、足場を組む等の作業を削減でき、それに伴う肉体的負荷の軽減にも貢献。

2.点検業務の工数を大幅に削減可能
点検データのクラウドストレージ管理、撮影した映像からパノラマ化、設備の3Dモデル生成をワンストップで提供することで、従来の点検業務の工数を大幅に削減可能。

3.経年変化が把握可能
過去に撮影した同じ点検場所の映像を時系列で管理することで、経年変化を把握することができ、劣化箇所の交換/修理の見通しも可能。

Liberawareは本事業を通じて、小型産業ドローンの普及によるプラント・インフラメンテナンスの効率化および質の向上など社会課題の解決に貢献していく。

 

 

■サービスレンタルプラン

Lite 1日だけ点検。サポートならびにテクニカル機能は有償で利用可能。
Standard 複数機体のレンタルならびに点検複数機体で点検(月間契約) 。
機器・テクニカル機能はオプションとして有償利用可能。サポートは無償。
Pro 複数機体のレンタルならびに点検(年間契約) 。全ての機能を無償利用可能。

 

<点検の手順>
1.ユーザーが点検したい施設で、ドローンを飛行
2.ドローンは飛行中の映像を機体内部に保存
3.映像を専用端末経由でクラウド上へアップロード(テクニカル機能)
4.クラウド上で映像を加工し、パノラマ画像や3Dモデルを作成する(テクニカル機能)
5.蓄積された映像データをAI解析し、劣化状況を判断する(※)(テクニカル機能)
※継続的に撮影データをクラウドに保管することで利用可能になる。


@株式会社Liberaware

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。