ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

Liberawareが一酸化炭素検知機搭載ドローンの開発を開始

Google+

有害ガスを検知する小型ドローン

株式会社Liberawareは、屋内環境において、一酸化炭素(CO)や硫化水素(H2S)といった有毒ガスを検知する機能を有した産業用小型ドローンの開発を開始した。

当社は、狭小空間を安定して飛行することのできる産業用小型ドローン「IBIS(アイビス)」を製造しており、製造業や建設業を中心に、狭くて人が進入できない空間や粉塵が多く発生する等の危険な環境下における設備点検用ドローンとして活用されている。今般開発に着手した有毒ガス検知機能を有するドローンは、このIBISをカスタマイズしたものになる。

 当社はこれまで配管や煙突、ボイラー等の内部の点検で使用される中で、設備点検の用途以外にも、そもそも人が安全に進入できる環境かどうかを確かめたいというニーズがあることに着目した。このニーズに応え、一酸化炭素や硫化水素の濃度を測定する検知器を搭載したドローンを開発することに至った。本製品を活用することで、設備修繕の作業を始める前に、より安全に効率よく有害ガスの有無をチェックすることが可能になり、さらなる業務の生産性向上を図ることが見込めるそうだ。

 具体的な機能としては、飛行するドローンが撮影しているリアルタイム映像に一酸化炭素や硫化水素の濃度を表示するほか、ドローンが離陸してから着陸するまでの濃度の推移をログデータとして保存することもできる。ドローンを飛行させるのに手間はかからないため、有毒ガスが発生・滞留する可能性のある場所に人が近づくことなく、短時間で手軽に安全な環境であるかどうかを確かめることができるようになる。

 今後のスケジュールとしては、2020年度にかけて、本製品をプラント等の実現場にてテスト使用し、使い勝手や精度を確認する検証作業を実施する。テストを経た後の本格展開にあたっては、当社がドローン飛行・測定を行う「点検サービスプラン」と、本製品をお貸出しする「レンタル導入プラン」の2種類のメニューにてサービス提供する。

当社では、狭小空間を安定して飛行することのできる技術をベースに、ロボティクス及びAI技術のさらなる研究開発を進め、プラントやインフラ設備における点検業務並びに屋内空間の計測業務の生産性向上に資する製品・サービスを提供してゆく考えだ。

■産業用小型ドローンIBISの概要

サイズ 190×180×50mm (プロペラガード込み)
重量 170g(バッテリ込み)
飛行時間 最大12分間
装備類 LED照明、防塵用モーター、独自設計のプロペラ 他

 


@株式会社Liberaware


「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。