ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

屋内施設用小型点検ドローンのレンタル事業に総額1.3億円の第三者割当増資を実施

Google+

規制の無い屋内点検に小型ドローンを活用

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberawareは、プレシリーズAラウンドにて、Drone Fund、FFGベンチャーファンドから総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。今回の資金調達を通じて、小型産業用ドローンを活用した点検ソリューションの開発・提供を加速させる。

Liberawareは、煙突、ボイラー、天井裏、ダクト内や配管などの点検作業の安全性を高めるため、「超小型ドローン」によるソリューションの提供を進める。現在、大規模工業施設では、過酷な環境(狭い場所、粉塵、高音)、足場が必要な環境で点検作業を行なう。超小型ドローンを導入すれば、遠隔で点検作業を行うことができ、作業員の身体的・精神的な負担の軽減や、作業時間の短縮などの効果を期待することができる。

Liberawareは、そうしたニーズに応えるため、狭所空間の点検に対応した超小型産業用ドローンの開発・製造を進めてきた。4月からは「点検用ドローンとクラウドをパッケージにした点検ソリューションのサービス」を代理店と連携し、展開している。


@株式会社Liberaware

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。