ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

NECソリューションイノベータが「NEC GIS農地面積測量サービス」を10月より提供開始

Google+

測量から補助金申請書類の作成までを一括支援

NECソリューションイノベータは、果樹産地における優良品種への改植などの取り組みを支援する「NEC GIS農地面積測量サービス」を10月より提供開始する。

本サービスは、果樹産地で優良品種へ改植する際、農林水産省による果樹経営支援対策事業(注1)の補助金申請に必要な業務を支援する。ドローン測量技術を用いて園地測量を行い、地理情報システム(GIS)上で園地面積を計算。さらに、補助金の申請に必要な情報の入力から申請書の作成までの業務をシステム上で行うことを可能にした。これらにより、園地面積の測量や補助金の申請に必要な業務の効率化を支援する。

また、ドローンで撮影した園地情報をGISに記録し、産地全体を可視化することも可能。これを生産戦略などの果樹産地構造改革計画に活用するなど、果樹産地全体の活性化をICTで支援する。今後もNECソリューションイノベータはICTを活用したサービスを提供することで、様々な農業産地の発展や活性化に貢献していくと発表した。

改植範囲の表示イメージ

改植範囲の表示イメージ

価格および販売目標
・サービス利用(3ID):432,000円(税別)/年
・ドローン撮影(1圃場あたり):9,600円(税別)(注2)
※サービス利用は3ID~、ドローン撮影は50圃場~
※初期費用が別途必要
今後3年間で、60団体への提供を目指す。

背景
近年、果樹農業では、後継者不足や生産者の高齢化などによる果樹産地の縮小、衰退が懸念されている。そのような状況の中、農林水産省は「果樹農業好循環形成総合対策事業」のうち、果樹経営支援対策事業にて、果樹産地協議会の推奨する優良品種への改植や、新植、園内整備を促進する事業実施者に対して補助金を拠出することで、新たな担い手を呼び込み、果樹産地の活性化を図っている。一方、事業実施者からは、補助金申請を行う上で、園地の測量や申請に必要な書類の作成など、申請にかかる業務の負担が大きく、軽減したいというニーズが寄せられている。そこでNECソリューションイノベータは、園地測量・管理から申請までの業務効率化を支援するために、本サービスの提供を開始することになった。

特長

補助金申請業務の効率化を支援
(1)ドローンを活用した園地測量
果樹経営支援対策事業の補助金申請に必要な園地情報を収集するために、NECソリューションイノベータがドローン測量技術を活用して園地測量し、その情報をGIS上に登録して園地面積を計算。これにより、測量にかかる担当者の負荷軽減を支援する。
(2)補助金申請書の作成
補助金申請に必要な情報の入力と、申請書の作成から管理まで可能なシステムをクラウドサービスとして提供することで、業務の効率化を支援。産地全体の可視化ドローンで撮影した園地情報をGIS上に登録し、耕作放棄地や放任園地の状況や作物の生育状況、作柄などを可視化することができる。これらを生産戦略や販売戦略といった果樹産地構造改革計画などに活用することで、産地全体の活性化を支援する。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進している。NECソリューションイノベータは、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していくとしている。なおNECソリューションイノベータは本サービスを、10月10日(水)から12日(金)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)にて開催される「第5回 国際次世代農業EXPO」において展示する予定だ。

(注1) 農林水産省が、競争力の高い産地を育成するため、産地自らが策定した計画に基づき、支援対象者が行う優良な品目又は品種への転換、小規模園地整備その他の経営基盤を強化する取組に要する経費として、本事業の事業実施者である都道府県法人等に補助金を交付する経費を補助するものです。

(注2) 撮影範囲は50圃場5ha以内,半径30km以内が1単位となります。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。