ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン情報を遠隔から識別する技術開発を開始

Google+

機体情報を明確化するプラットフォーム

NEDOは、ドローンなどの無人航空機を活用したビジネスモデルの普及が見込まれることを想定し、無人航空機を遠隔から識別する技術などの研究開発事業に着手する。

遠隔からの機体識別を行うために必要な送信機・受信機を無人航空機に取り付け、機体識別情報と位置情報を共有する通信システムのプラットフォームを開発する。また、有人航空機と無人航空機の空域共有を想定した飛行情報共有システムの開発にも着手する。それらを運航管理システムに統合するためのアーキテクチャー(設計概念)やアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)、データフォーマットを策定するほか、システム全体のセキュリティー対策なども検討しいく方針だ。。

本事業を通じて、複数の有人航空機と無人航空機の空域共有に必要な通信システムと情報共有システムを確立し、有人航空機の飛行情報に関する仮想情報シミュレーターなどを用いた運航管理システムとの相互接続性の評価を実施することで、無人航空機の安全な目視外飛行の実現を目指す。

本事業の全体イメージ図

本事業の全体イメージ

【概要】
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2017年度より「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクトにおいて、物流や災害対応などの分野での活躍が期待されるドローンなどの無人航空機の目視外飛行の実現を目指した研究開発を実施している。

同一空域内での複数の有人航空機や無人航空機の同時運航を可能とするために、安全性や省エネルギー効率の観点を考慮した無人航空機の運航管理システムに関する研究開発やアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)の公開、無人航空機によるほかの航空機などの検知・衝突回避の技術に関する研究開発などを実施している。新たに無人航空機を遠隔から識別する技術などの研究開発事業の取り組みを開始する。

【事業内容】
■事業名
・ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
・無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発
・無人航空機の運航管理システムの開発
・遠隔からの機体識別に関する研究開発

【実施期間】
2019年度~2021年度予定

【採択テーマと委託予定先】

採択テーマ名 委託予定先
遠隔からの機体識別および有人航空機との空域共有に関する研究開発 日本電気株式会社
株式会社日立製作所
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
テラドローン株式会社
株式会社NTTデータ
国立研究開発法人情報通信研究機構
国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

@国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。