ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

日本初!ドローンとAIを使った農地作付確認業務の実証事業をスタート

Google+

固定翼ドローン&AIで作物の作付け状況を監視記録

現在対象農地の作付け確認では、複数の市職員が120人日程度かけて市内全域の農地を確認している。事前準備や事後の再確認も含めるとおよそ160人日の作業が発生しているとされる。さらに、麦類、牧草類など他の作物に係る現地確認作業を累計すると、市内全域でおよそ1年間に相当する360人日の工数が掛かっている。これらを、ドローンとAIを活用した現地確認に置き換えることで、大幅な工数の削減が見込めると考えられる。
※日本初(2019年6月28日時点オプティム調べ)ドローン空撮による農作物作付確認において、AIによる自動判別を取り入れる実証を「事業」として行う試みの場合。

 

固定翼型ドローン

固定翼型ドローン

【事業の目的】
(1)人による現地確認作業がドローン及びAIに置き換えられた場合の業務効率向上の効果測定
(2)本格導入に向けたコストメリット及び法規制等の課題整理
(3)AIによる判別精度の検証
(4)保存された農地確認画像記録の再確認業務への活用の検証

【対象作物及び範囲】
(1)水稲(籠淵地区、山端地区、牟田地区、二本楠地区)…7月期
(2)麦・牧草(崎山地区)…2月・3月期
上記地域周辺の区画整備実施済み農地を中心としたエリアを予定。
※来年度以降は、対象地域を拡大し、事業を実施する予定です。

農地作付確認実証地

農地作付確認実証地

【事業の内容】
対象作物を作付けした数週間程度~数か月後、農地の作付状況をドローンで撮影。その後、撮影した画像を、確認用のAIエンジンを使って、作物が間違いなく作付けされているかを対象農地区画ごとに判別する。今まで人が現地で判別・記録をしていた作物の作付け情報を、ドローンで記録し、AIが判別することになる。これにより、人の作業は、AIの判別結果から精査が必要と判断された農地のみ、ドローン画像を使って詳細な確認をするだけとなる。将来的には、可能な限り、ドローンやAIに現地確認作業を任せることで、人が行うべき行政サービスにより人員を拡充できるよう効率化の推進を目指していく。

 

五島市の農地(イメージ写真)

五島市の農地(イメージ写真)

なお、本事業は、内閣府地方創生推進交付金による「五島市ドローンi-Landプロジェクト」の一環として実施される。
・委託事業者:株式会社オプティム(東京都)
・共同提案者:株式会社プロダクションナップ(長崎県)

 

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。