ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

200円でドローン保険に加入できる操縦者向けアプリ「AirMap」

Google+

1日から保険に入れるお手軽な楽天損保

楽天AirMap株式会社(以下 楽天AirMap)は9月25日より、提供するドローン操縦者向けアプリ『AirMap』上で、楽天損害保険株式会社(以下 楽天損保)が提供する国内旅行傷害保険『1日保険シリーズ』の『ドローン保険』への申込受付を開始した。

本保険はドローンを操縦する際に、ユーザー自身が負傷した場合の治療費などに加え、身内が緊急で現地にかけつける費用(注1)や、他人を負傷させてしまった場合と他人の物を壊してしまった場合の賠償費用などを補償する。保険期間はフライト当日中(住居を出発してから帰宅するまでの間)で、保険料は200円での提供となる(注2)。ユーザーは、ドローン操縦者向けアプリAirMap上で、ドローンの安全な飛行に必要な気象情報や飛行可能エリアの確認、飛行計画の作成・申請(注3)などを行う際、本保険への申し込みも可能となった(注4)。

楽天AirMapはこれまで、AirMap上で飛行申請を行ったユーザーに楽天損保を引受保険会社とする無償保険を提供してきた。ユーザーに向けた保険の提供をより拡充するため、ドローンの購入経験がある人を対象に「ドローン保険に関するアンケート」(注5)を実施したところ、ドローン保険に加入する際、他人およびその所有物への危害を加えた場合の補償を重視する意見が多かった。この結果を受け、これまで提供していた無償保険をさらに充実させた有償保険についてもアプリ上で申し込みできるようサービスが拡充された。

(注1)国内旅行行程中に被保険者が搭乗している航空機や船舶が行方不明または遭難した場合や、事故によって緊急捜索・救援活動が必要なことが警察などにより確認された場合などに、そのご家族が現地に向かわれる際の費用などを補償します。
(注2)本商品の保険料お支払い方法は、クレジットカード一括払いのみとなります。補償条件、補償対象期間等の詳細は、Webサイトを参照。
(注3)「空域管理ダッシュボード」が導入されている空域では、飛行申請が各空域管理者に送付されます。それ以外の地域では、他のアプリ利用者に対してドローンの飛行を通知することができます。
(注4)無償保険、有償保険のどちらかを選ぶことができます。有償保険を選択した場合、「楽天損保」の申し込みページにて必要事項を記入し、加入となります。
(注5)アンケートは、「楽天市場」でのドローン購入経験があり、かつ「楽天スーパーポイントスクリーン」を利用している男女290名を対象に2019年1月24日 ~ 1月30日の7日間実施しました。

実施したアンケートの項目と結果

アンケート回答者全290名のうちドローン保険への加入経験がある人51名に質問。加入経験者の9割以上が「他人に危害を加えた場合に備えるため」(94.1%)、8割以上が「建物など他人の物品に危害を加えた場合に備えるため」(84.3%)を目的にドローン保険に加入していると回答。

国内旅行傷害保険「1日保険シリーズ」の「ドローン保険」(左)、現在AirMap上で提供している無償保険(右)。無償保険では事故1件につき500万円だった賠償責任の支払限度額が、有償保険では1億円に。被保険者が事故にあわれた場合の補償も充実した。

 

「AirMap」経由での「ドローン保険」申し込みの手順

■すでに「AirMap」アプリを利用中のユーザー
1.飛行計画の作成後、有償保険「詳細・申込みはこちら」を選択。

2.「楽天損保」申し込みページにて必要情報を記入し、加入。
※アプリは各アプリストアにて最新のバージョンにアップデートしてご利用ください。

■「AirMap」アプリを利用していないユーザー
こちらよりアプリのダウンロード方法を確認。

 

 

 


@楽天AirMap

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。