ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

建設現場において完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」の活用実験を実施

Google+

ドローンの完全自動化システムの実用性の検証を実施

DaaS型ドローンソリューションによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクス(以下、センシンロボティクス)は、株式会社フジタ(以下、フジタ)の建設現場において、ドローンを活用した「建設現場における安全確認・警備監視」の実運用に向けた実証実験を行い、完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB(センシン ドローンハブ)」の有効性を検証した。

実証実験の様子

【実証実験の目的】
本実証実験では、「SENSYN DRONE HUB」の4つの基本機能である、“ハッチ開閉・自動離発着・自動充電・データ転送”の検証を実施した。建設現場では、安全確認・警備監視においてドローン活用による、業務の効率化が期待されている。将来的なドローンの無人運用を目的とし、航空法の目視外飛行に関する各種要件が緩和される事を想定し、「SENSYN DRONE HUB」によるオペレーターを介在しないドローン無人運用の機能を検証。

【実証実験の内容】
実証実験は2月28日~3月8日に福井県敦賀市の北陸新幹線車両基地工事現場にて実施。この実証実験では、ドローンを活用した建設現場の安全確認・警備監視用途に、「SENSYN DRONE HUB」が使用できるかを検証する目的で、4つの基本機能である、“ハッチ開閉・自動離発着・自動充電・データ転送”の挙動・精度の確認を行った。

また将来的に目視外飛行に関する各種要件が緩和される事を想定し、SENSYN DRONE HUBが提供するスケジューリング機能(飛行ミッション予約機能)も併せて検証を行い、定時刻になるとプラットフォームからドローンが自動的に離陸し、事前にシステム上で指定したルート通りの正確な飛行を実行した後、完全自動で精密な自動着陸を実行する事を確認。本実証実験ではオペレーターの目視可能範囲での飛行検証を行いましたが、離陸から着陸までのすべてのミッションを作業員の介在なく実施出来る事が確認でき、ドローンの無人運用に足る必要機能を持ち合わせている事を確認できた。今後はフジタからのフィードバックを基に、より現場ニーズに則した機能開発を継続していく予定だ。

フジタの土木本部 野末氏は以下のようにコメントした。

1年前に現場巡回を全自動ドローンで実施する開発構想が立ち上がり、ドローンの自動離発着と自動充電機能を開発している複数社にヒアリングを実施し、その中で最も実現可能性が高いセンシンロボティクスと検証を行うことにしました。2019年3月に福井県敦賀車両基地の現場で実証実験を行ったことを契機として、今後も実証実験を繰り返しさらに実用化が進むことを期待しています。

【実証実験概要】
1. 実施日時2019年2月28~3月8日
2. 実施場所
福井県敦賀市地内(敦賀車両基地建設現場)
3. 目的
・「SENSYN DRONE HUB」における飛行精度の確認
・「SENSYN DRONE HUB」のハッチ開閉機能、離着陸精度、充電機能の確認
・リアルタイム映像伝送の通信状況及び映像品質の確認

【SENSYN DRONE HUBについて】
「SENSYN DRONE HUB」は、ドローン機体、自動離発着や自動充電に対応する基地、加えて制御ソフトウェア・業務アプリケーションが一体となった、業務の自動化を推進するシステム。事前に設定されたルートへの自動飛行や、画像・映像の撮影が可能なため、大規模な工場の警備監視や設備点検などの領域において、作業員が都度現地に赴く必要がなくなり、効率的かつ安全な業務遂行が可能となる。また、顧客業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」や、「SENSYN DC(センシン ドローンコミュニケーションサービス)」との機能連携により、定時刻にミッションを繰り返し実行するスケジューリング機能・遠隔地からのカメラ操作機能などが追加でき、各種業務特化型アプリケーションと連携する事で詳細な解析を実行するなど、ドローンの自動運用に必要な機能のさらなる拡充を図り、また高度な情報処理を実現する。


@センシンロボティクス

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。