ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

未来志向の生産者たちと取り組む「スマート農業アライアンス」の参加団体数が1,000団体を突破

Google+

スマート農業の輪が拡大中!いよいよ1,000団体突破へ!

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、AI・IoT・ドローンを活用し、“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するスマート農業※1を推進する未来志向の取り組みとして2017年12月27日に「スマート農業アライアンス」を開始した。そしてこのたび「スマート農業アライアンス」への参加団体数が1,000団体※2を突破したことを発表。

■「スマート農業アライアンス」会員数の推移

未来志向の生産者たちと取り組む「スマート農業アライアンス」、参加団体数が1,000団体を突破

 

■「スマート農業アライアンス」とは

「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ドローンを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。「スマート農業アライアンス」へは、生産者の方だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現する未来志向の方々であれば誰でも参加可能。「スマート農業アライアンス」の参画者は、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」に参加することができる。なお、「スマート農業アライアンス」の参画者は引き続き無料※3で募集している。

◆「スマート農業アライアンス」イメージ

 

●「スマートアグリフードプロジェクト」とは

AI・IoT・ドローンを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクト。「スマートアグリフードプロジェクト」に協力する生産者は、ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む、「OPTiM スマート農業ソリューション」を無償提供※4。また、その中でも「大豆」と「米」を生産する方に向けて、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてを、オプティムが買い取る仕組みとなる。・※4。

●「スマートデバイスプロジェクト」とは

「スマートデバイスプロジェクト」とは、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクト。さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出す。

オプティムのスマート農業の取り組みならびに「スマート農業アライアンス」についての詳細は以下のWebサイトを参照。

 

【農業×IT Webサイト】
https://www.optim.co.jp/agriculture/

【「スマート農業アライアンス」申し込みWebサイト】
https://smartagri-jp.com/alliance/

※1 スマート農業:AI・IoT・ロボットなどの最先端技術を農業へ活用し、農作業の負担軽減や、農作物の収量、品質の向上などを目指す、新たな農業。
※2 オプティムWebサイトならびに「SMART AGRI」Webサイトを通じて「スマート農業アライアンス」に参画申し込みを頂いた方々の合計。
※3 詳しくは「スマート農業アライアンス」申し込みWebサイトをご確認ください。
※4 オプティムが定める一定の条件を満たす必要がございます。詳しくは「スマート農業アライアンス」申し込みWebサイトをご確認ください。

 

【オプティムの目指す、オプティマル事業とは】

~Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な~

急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではない。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変えていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称となっている。
製品情報   : https://www.optim.co.jp/services
Facebookページ: https://www.facebook.com/optimjpn
Twitterページ : https://twitter.com/optim_jpn

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。