ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローン絶景地とドローン愛好家をマッチングするプラットフォーム『そらチケ』をリリース

Google+

ドローンユーザーと観光地のマッチングサービス

「地域創生×ドローン」をテーマにドローン空撮を軸にした事業を展開する株式会社Dron é motionは、“「個」の発信力を活用して地域の魅力を発掘する”をコンセプトに、地域のドローン絶景地とドローン愛好家をマッチングするプラットフォーム『そらチケ』をリリースする。また、昨日9月26日よりティザーサイト(https://soratic.com/)による一般ドローンユーザーの仮登録を開始した。

『そらチケ』はドローン愛好家(ユーザー)が 1)ドローン絶景地を探す 2)申し込む 3)土地管理者より許可を得る の3ステップでドローン空撮を許可のもとで楽しめるサービスだ。土地管理者は、ドローン愛好家が撮影した空撮コンテンツがSNS等で共有・拡散されることによりPR効果を期待することができる。

初期参加エリアの山中湖撫岳荘で空撮できる景観

近年、ドローンの俯瞰的な空撮映像は地域の魅力のコンテンツ発信ツールとして注目を集めている。地域のPR動画にも多く活用され、ドローン愛好家が撮影した映像がSNSで注目を浴びることも多い。

一方、航空法や自治体の定めたルールによりドローンの飛行は制限されているほか、土地管理者への許諾窓口や方法(民法上、ドローンの飛行には土地管理者の許可が必要)が不明確なことが多く、ドローン愛好家が地域にでかけて空撮をすることは現実的には非常に難しい環境にある。

Dron é motionでは、ドローン愛好家がそれぞれの視点で空撮した映像コンテンツの魅力に注目し、絶景地での空撮を楽しみたいドローン愛好家と自然発生的なドローン空撮コンテンツを観光PRとして活用したい自治体・観光施設をマッチングする『そらチケ』を開発した。

『そらチケ』はドローン愛好家(ユーザー)が 1)ドローン絶景地を探す 2)申し込む 3)土地管理者より許可を得る の3ステップでドローン空撮を許可のもとで楽しめるサービスだ。土地管理者は、ドローン愛好家が撮影した空撮コンテンツがSNS等で共有・拡散されることによりPR効果を期待することができる。
※航空法の範囲を超える飛行には別途国土交通省への申請が必要になります

また、近年は土地管理者に無許可で飛行をする一部の悪質なドローンユーザーも増えており、フライト許可のためのフローやルールを明確にすることが重要とされる。『そらチケ』は申し込みフローが統一され、ユーザーのフライト履歴やプロフィールが確認できるほか、フライト時には最大10億円の保険(対人・対物)が適用される仕組みによって安全にドローン空撮を楽しめ、そして絶景空撮コンテンツが自然発生的に共有される環境を提供することができる。(参考1)

運用されるシステムは、ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSOと、大分県におけるICTリーディングカンパニーである株式会社オーイーシーが開発する活用したサービスとして提供されます。

価格は、ユーザーが1ヶ所で空撮するために購入するチケットが5,000円〜(基本契約)、チケット料金の一部は土地管理者に施設管理料としてフィードバックされる。また、土地管理者側がPR用途でその空撮スポットでのチケットを一定数無料とする追加契約「無償チケット契約」も追加の予定。「無償チケット契約」では、その空撮スポットでの多くの集客が期待される。(例:¥300,000 / 有効期限3ヶ月(期間中無償チケット枚数 60枚:@¥5,000)等)

『そらチケ』は、10月中旬にクローズドβ版によるテストを開始し、11月中旬より正式サービスを開始する。サービス開始時には、空撮スポットを提供予定。オープン後はドローン愛好家向けにユーザー登録(無料)を募集するとともに、空撮スポットのさらな拡充を図っていく。

【すでに参加表明をいただいている自治体・企業様】
広島県神石高原町 / 山中湖撫岳荘(山梨県山中湖村) / 徳島県那賀町 / 兵庫県香美町小代区 / 長野県大町市 / 舞子スノーリゾート(新潟県南魚沼市) / 石川県白山市 / 淡路島マンモス(兵庫県淡路市) 他

現在、参加希望エリアを募集している。申込み・問合わせは事務局(info@dron-e-motion.co.jp)で受け付け中だ。

(参考1)そらチケの仕組み

(参考2)そらチケのメリット
■地権者側のメリット
・保険適用により性善説による管理不要 ※1
・国内外のドローングラファ誘致が可能
・パイロット情報を事前に確認する事が可能
・機体シリアルを確認する事で事故報告義務の発生
・撮影者のデータを確認及び利用の簡便性 ※2
・ドローン映像によるPR力強化
※1 現在はパイロットの性善説に則り管理される傾向がある
※2 無償利用を条件に空撮権が発生しない手法も提供予定

■ドローングラファ側のメリット
・保険適用による万が一のサポート(対物対人)
・撮影できるスポットの明確化
・フライト実績と安全性の実績を蓄積可能 ※3
・撮影の許可を得るプロセスの簡素化
・フライト履歴管理が可能(簡易的)※4
※3 パイロットプロフィールを公開することで実績をオープンにする
※4 飛行実績をファクトデータとしてエリアオーナーが許可の基準として活用

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。