ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンのグローバル化が進む!アンゴラのUAV点検企業に出資

Google+

アンゴラでドローン測量&点検サービスの提供を開始

テラドローン株式会社(以下テラドローン )は、アンゴラのドローン点検サービスを提供するOcean Atlantic Internationalと出資契約を締結し、新たに現地法人テラドローンアンゴラを設立した。
握手を交わす塩川巧氏(中東アフリカ事業開発責任者)と ノリバルド・アルメイダ氏(テラドローンアンゴラ事業開発責任者)

握手を交わす塩川巧氏(中東アフリカ事業開発責任者)と
ノリバルド・アルメイダ氏(テラドローンアンゴラ事業開発責任者)

今回テラドローンが出資したOcean Atlantic Internationalは、主に大手石油企業に対し、ドローンを使用したオイル&ガス点検を行うリーディングカンパニー。中でも同社は、オフショアのオイル&ガス設備の点検で様々な実績を有している。

アンゴラは、産業用ドローン市場において大きな可能性を秘める。同国は、ダイアモンドなどの鉱物資源、加えて石油などの地下資源が豊富であり、アフリカで第2位の石油ガス産出国として知られている。近年、その潤沢な資源により、アンゴラ国内の経済は急成長しており、石油関連設備の点検やインフラ開発での地形計測の需要が高まることが予想される。テラドローンアンゴラは、ドローンを使用した地形測量サービスや設備点検サービスの提供を通じて、現地での経済発展に貢献していく。

海洋掘削に使用される石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)(右図)の点検を行う作業員

海洋掘削に使用される石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)(右図)の点検を行う作業員

今回の出資によってOcean Atlantic Internationalの持つアンゴラ国内での幅広いネットワークおよびオフショア点検のノウハウとテラドローンが持つ最先端技術を組み合わせることで、更なる幅広い顧客層の拡大につながると期待している。

今後テラドローンアンゴラは、アフリカ全土でのオイル&ガス分野に対するサービスの多様化を実現すると共に、アフリカの技術拠点として拡大していく。

■Ocean Atlantic International
Ocean Atlantic Internationalは、主に大手石油企業に対して、オフショア設備のインストレーションや生産支援、点検などのサービス全般を行うアンゴラ企業。ドローンを活用したオイル&ガス設備点検ではアフリカを中心に大きな実績をもち、中でもオフショアにおける石油ガス設備の点検を得意としている。最近では、ISOなどの世界的な認証機関であるBureau Veritasと業務提携をしている。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。