ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

自律飛行型ドローンによる風力発電用大型ブレードの点検サービスをテラドローンが開始

Google+

資格条件に左右されずに大型のブレード点検が可能に!

今回開発したアタッチメントを取り付けたドローンが撮影している様子

今回開発したアタッチメントを取り付けたドローンが撮影している様子

テラドローンは、ドローンによる風力発電向けブレード点検サービスの開始を発表した。

現在、風力発電機のブレード点検を行う際、重機やロープを使った点検が主流となっているが、重機は立地条件によっては使用できず、ロープ点検は高所作業をするための特別な資格が必要となる。今回同社が開始するドローンサービスを使用することで、立地条件や資格の有無に関わらず、目視点検を行うことが可能になった。結果として、大幅な時間短縮、安全性の向上、点検クオリティの向上に繋がることが期待される。

 

DJI製ドローンの自律飛行点検人的ミスのリスクを回避

本システムは、DJI製ドローンに取りつけたアタッチメントからのレーザー照射により自己位置推定を行うことで自律飛行を実現している。そのため、マニュアル操作による点検で起きていた、操作ミスによるブレードへの衝突といった突発的な事故の確率を低減し、安全な点検を可能にした。撮影した画像は、専用のソフトウェアを介してクラウド上で管理ができ、AIによる画像処理によって、表面の損傷度合いを分類することが可能となる。

現在、国内では点検作業員の不足が深刻化する一方、発電機の稼働率の向上が課題となっている。特に、落雷被害のような不測の事態に対しては、速やかな点検が早期の原状回復のために何より重要となる。テラドローンは、このような課題をドローンソリューションにより解消し、風力発電機の点検に貢献していく。

サービスの提供により、同社のドローン点検における3つのメリットを確立した。

1 時間短縮
従来の重機点検やロープ点検では1日2機の点検が限界だったが、同社のドローンサービスを使用することで、ブレード1枚当たり約8分で点検が完了。従って1日に約7、8機の点検が可能になった。

2 安全性の向上
ドローンを使用することで、作業員が高所に登る必要がなくなり、安全に点検することが可能。また、自律飛行が行えるため、人的な操作ミスが生じず、誤ってブレードに衝突する危険をほとんど無くすことができる。専門スキルや資格がなくても、約1週間の訓練で、誰でも安全にドローン点検を行うことができる。

3 点検クオリティの向上
自律飛行が可能なため、ブレることなく近距離で撮影ができ、平均0.4mm/pixの高画質なレポートを得ることが可能。撮影した画像は、専用のソフトウェアを介してクラウド上で管理ができ、AIによる画像処理によって、表面の損傷度合いを分類する。またソフトウェア上で撮影した画像を拡大でき、ミリ単位の傷を見ることも可能。

ドローン点検から得られる高画質レポート

ドローン点検から得られる高画質レポート

 

ドローン点検から得られる高画質レポート(破損の大きさは約30cm)

ドローン点検から得られる高画質レポート(破損の大きさは約30cm)


@テラドローン 株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。