ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ブラジル最大手の石油会社Petrobrasが有する浮体式生産貯蔵積出設備の目視点検を実施

Google+

日本初の企業がブラジルで点検業務を実施

テラドローンブラジルは、ドローンを活用し、同国内最大手の石油会社Petrobrasの所有するFPSO(浮体式生産貯蔵積出設備)の目視点検を完了させた。このFPSOは、ブラジルの南東部沖合に位置する大規模な油田「プレソルト」の開発を進めているもの。今回のドローンによるオフショアでの設備点検の成功は、ブラジル国内で初めてのこととなる。

今回、テラドローンブラジルは、2人の作業員により、FPSO内の2つのタンクの点検をおよそ1時間で完了。ドローンにより撮影された高精度な画像・動画データを元に、40もの点検箇所の詳細なレポートを作成した。これにより、タンク内の腐食、亀裂、破損が特定され、安全性の向上、メンテナンスの効率化が実証された。

従来の方法では、およそ4人の作業員が、ロープもしくは足場を使用してタンクの目視点検を行なっていた。作業員がこのような方法で点検を行う場合、およそ半日から丸1日の点検時間を要しており、長時間にわたる高所での点検作業には、危険が伴っていた。しかし、タンクの点検にドローンを活用することで、作業員がタンク内で点検をする必要がなくなる。さらに、ドローンを活用することで、およそ半日から丸1日かかっていた点検時間を、およそ1時間に短縮することに成功した。
テラドローンブラジルの共同経営者であるマルセロ・ベレティ氏は以下のようにコメントを残した。

「ドローンによる点検に切り替えることは、作業員の安全を確保するだけではない。足場の設置などにかかる金銭的、及び時間的コストを削減できる上、詳細な点検レポートの作成もできる。非常に効率的で画期的な方法だ。」

テラドローンブラジルは、ドローンによる船舶やFPSOなどのオフショア設備点検のサービスプロバイダーとして、アメリカ船級協会、ロイド船級協会、第三者認証機関であるDNV GLの3機関からの認証を取得している。

テラドローングループは、今後もドローンを活用することで、オイル&ガス分野をはじめとする点検業務の効率化、安全性の向上を進めて行く。

タンク点検の準備をするマルセロ・ベレティ氏

タンク点検の準備をするマルセロ・ベレティ氏


@テラドローン株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。