ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンインドネシアが国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

Google+

短時間で安全な送電線点検を実施

実証実験成功後のテラドローンインドネシアとPLNのメンバー

テラドローンインドネシアは、一般財団法人電力中央研究所(以下、電中研)の協力の下、ドローンを使用した送電線点検の実証実験を、インドネシアで成功させた。この実証実験では東ジャバ州及びバリ州で、インドネシア国有電力会社PT PLN (Persero)(以下、PLN)が所有する送電線を点検。およそ10分間の飛行で、送電鉄塔4本を含む、計2Kmもの送電線点検を完了。

点検のレポートは、テラドローンと電中研が共同開発したソフトウェアシステムを使用することで、点群または3Dマップデータとして取得することができる。このデータを活用し、送電線間の距離の測定、緩み始めた部品の特定が可能。さらには、ドローンを使用することで、送電線付近の枝葉を正確に識別できることから、効率的な植生管理も可能となった。

送電線点検レポート(一例)

送電線点検レポート(一例)

従来は、点検作業員が高所、また高圧電力が流れる電線・電柱付近で作業を行う必要があったため、点検は危険が伴う作業だった。しかし、長距離飛行が可能なドローンを使用することで、点検作業員の危険性の低減、また人件費などのコストの削減を実現。さらには高画質で詳細なレポートの取得も可能になった。

テラドローンは、世界トップクラスの測量・点検サービス実績をもとに、インフラ、鉱業、農業、公益事業など幅広い分野でのサービス提供が可能。テラドローンインドネシアは、送電線のドローン点検技術を有する、東南アジアで初のDrone Service Provider(DSP)となる。テラドローンは、ドローン技術を活用し、様々な分野におけるより安全で効率的なサービス提供を行なう。


@テラドローン株式会社
@一般財団法人電力中央研究所

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。