ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションの提供を開始

Google+

海上で有人ヘリの代わりとなるドローンソリューション

テラドローン株式会社は、低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。

このドローンソリューションは、漁業や国防をはじめ、様々な分野において活⽤することができる。本ソリューションを活⽤することで、従来使⽤してきたヘリコプターを運⽤する必要がなくなるため、パイロットによる操縦が不要。結果として、運⽤コストの削減、危険性の低減に繋がるため、低コストで安全な⿂群探索、効率的な海上の安全管理が実現する。AIを活⽤したデータ処理により、不審船・巡回船など動きのある対象の発⾒や追尾も可能だ。

■漁業と国防分野における、それぞれの活⽤について
これまで、遠洋漁業における⿂群探索のために、ヘリコプターが使⽤されてきた。その⽅法では、年間およそ5000万円もの運⽤コストが発生していた。しかし、このソリューションを活⽤することで、コストを削減でき、さらにはパイロットの運転に伴う危険性も低減できる。また、ヘリコプターを搭載しない⽐較的⼩型な船舶では、⿂群の存在有無を確認するために、実際に船を移動させなければならない。その結果、燃料と時間の無駄が発⽣。しかし、ドローンソリューションを活⽤することにより、最⼤ 50kmにわたる海上をモニタリングすることで、効率良く⿂群を発⾒でき、結果として、最短の移動距離で最⼤の効果を得ることができる。

現在、海上の保安状況を把握するために、レーダーやAIS(航⾏中の船舶の位置を追跡するシステム)が使⽤されている。これらの⽅法によって探知された不審船などを実際に確認するためには、別途、ヘリコプターや航空機の運⽤が必要だった。そのため、多額の運⽤コストが発⽣しており、パイロットの安全⾯においてもリスクを伴っていた。しかし、ドローンソリューションを活⽤することにより、陸地にいながら最⼤50km先の現場をライブ映像で確認することが可能。結果、運⽤コストが節減され、より安全で迅速な確認が可能になる。また、AIを活⽤したデータ処理能⼒により、不審船・巡回船などをターゲットとして発⾒し、追跡まですることができる。さらに、IP67 規格の防塵・防⽔性能を備えているため、強⾵、⾼湿度、ほこり、潮⾵などの海上の厳しい環境にも対応可能となっている。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。