ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンがDJIの正規代理店にオリジナルの保険を提供開始

Google+

テラドローンがDJIの正規代理店としてDJI製品の販売を始めた。また、テラドローンで購入する特典として動産総合保険が自動付帯する。ドローンに対する豊富な知識や経験を活かし、テラドローンにしかできないサポートを今後は行っていく旨を明らかにした。


テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹/以下「テラドローン」)は、建設・測量・空撮業を中心とした顧客からの産業用途のドローンについての相談や購入に関する要望の高まりを受けて、マルチコプター・ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社(本社:中国深セン、代表:フランク ワン/以下「DJI」)と正規代理店契約を締結し、DJI製ドローンの販売をスタートさせた。Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、Web上からの購入や相談にも対応していく。

また、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤  敬二/以下「損保ジャパン日本興亜」)と提携し、テラドローンオリジナルの特典として、商品購入時に機体本体に対する偶然な事故を補償する、動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。

ドローンに関する補償には、「第三者への法律上の損害賠償責任に対する補償」と「ドローンの機体そのものに対する偶然な事故への補償」の大きく2つに分けられ、前者はDJI対象製品購入者が、所定の手続きに従って登録手続きを済ませた場合に、無償で補償が付帯される(最初の1年間)が、後者は購入者が自身で保険手配をしているのが現状だ。
今回テラドローンでは、購入したユーザーへの特典として、ドローン販売時に動産総合保険を自動で付帯して販売するため、別途ご自身でお手続きすることなく、DJIが提供している無償の賠償責任保険に加え、ドローンを取り巻くより広範なリスクをカバーすることが可能となる。
テラドローンでは、本商品の提供を通じてドローンの普及を後押しすると同時に、事故の再発防止を支援することで、ドローンの産業利用の健全な発展を支援していく方針を示した。

■問い合わせ
テラドローン

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。

DRONE NEXT編集長。1989年静岡県生まれ。自動車業界を経て、学生時代から趣味で乗っていたバイク好きが高じて2014年にバイク雑誌ヤングマシン編集部に配属。ある日、ドローンの新たなる未来と可能性に興味を持ち、2017年5月からドローンのフライトを始め、JUIDA認定校のドローン大学校を修了。