ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

赤外線カメラに対応した屋根点検ソリューション「Terra Roofer」の新バージョンを提供開始

Google+

安全性と対応機種、飛行機能を拡充したアップデートを実施

アプリケーション画面

アプリケーション画面

テラドローン株式会社(以下、テラドローン)は、昨年9月にリリースとなった屋根点検ソリューション「Terra Roofer」(テラルーファー)に16機能以上を新たに追加し、大幅なバージョンアップを施して提供を開始する。Terra Rooferは一戸建・集合住宅などの建造物の屋根をドローンを用いて自動で撮影するためのアプリケーション。より身近に、また安全に屋根点検業務を実施できる。また、一事故あたりの対人・対物補償が最大1億円のドローン保険も付帯している。

■Terra Rooferの概要
Terra Rooferは、ドローンを簡単に操作するためのアプリケーションソフト。タブレット端末・スマートフォンを操作することで、コントローラーを操作せずにドローンを飛行させ、屋根の写真を撮影することが可能になる。

■リリース日
2019年4月8日(月)

■アップデート内容
今回大幅に機能を追加した、新バージョンのTerra Rooferは安全性の向上、ならびに現場のご要望を採用し、機能を追加している。

・iPhoneに対応

<iPhone版 ログイン画面>

iPhone版 ログイン画面

iPadはもとより、iPhoneでも利用可能。
※Android版は現在開発中

<iPhone版 屋根範囲選択画面>

iPhone版 屋根範囲選択画面

・太陽光発電業者向け造成地測量機能
測量士が現場に行かなくても、ドローンで撮影し、面積が測定計測できる。これにより、撮影当日に面積を算出でき、1日に複数現場の撮影を行うことにより、効率的に太陽光発電案件を受注できる。

・Mavic2 Enterprise Dual対応
現在DJI社から発売中のMavic2 Enterprise Dualに対応済み。これにより太陽光パネルの点検にも利用可能。

<通常モードでの撮影>

通常モードでの撮影

<赤外線モードでの撮影>

赤外線モードでの撮影

・衝突防止機能
ドローン操縦中に、障害物が前方にある場合に検知して停止する機能を搭載。
※初心者でも認識できる仕組みを実装。

・全体撮影機能
要望の多かった、家全体を1枚の写真に収める機能を搭載。

・ズーム機能
Mavicシリーズでズーム機能を搭載。
※Mavic2Zoomでは、光学ズームを利用可能。

・安定化上昇機能
狭小地でのGPS利用時に、マルチパスなどの影響による、上昇する際の不安定を解消。

・任意のオーバーラップ率設定
3次元化のための撮影や、点検のための撮影と目的が異なるときにオーバーラップ率を設定する機能を搭載。

・外周飛行、ジグザグ飛行の選択
外周飛行:雨樋を撮影するための機能。
ジグザグ飛行:3次元化するための撮影機能。

・プロジェクト検索機能
プロジェクトの一覧から検索する機能を搭載。

・屋根面積計測機能・瓦PRO2000連携機能
撮影した画像から3次元化を行い、画面上で、面積計算ならびにヤナイソフトウエアー
※1 瓦PRO2000に連携する機能を搭載。

<画面上での面積計算>

画面上での面積計算

※1 ヤナイソフトウエアーとの事業提携を行っており様々なサービス連携をこれからも行う。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。