ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンが日本住宅保全協会との業務提携で屋根点検事業を加速

Google+

ドローンの屋根点検「Terra Roofer」が本格始動!

テラドローン株式会社(以下、テラドローン)は、「ほけん申請の窓口」により火災保険の申請をサポートする一般社団法人 日本住宅保全協会(以下、日本住宅保全協会)と、ドローンを用いた屋根点検の事業パートナーとして2019年1月7日に業務提携した。更に、株式会社ドローン・フロンティア(以下、ドローン・フロンティア)がドローン操作の講習をサポートすることが可能となる。

(右からドローン・フロンティア 府川副社長、日本住宅保全協会 深川理事、テラドローン 吉田)

右からドローン・フロンティア 府川副社長、日本住宅保全協会 深川理事、テラドローン 吉田氏

■テラドローン概要
商業用ドローン業界を牽引するグローバルベンチャー企業。日本を始め、APECやEU、 アフリカ、アメリカ、インドなど世界で10支社を展開する。多種多様なドローン事業を展開する中、2018年9月より屋根点検ソリューション「Terra Roofer」を提供開始。屋根点検事業の効率化、安全性・正確性の向上を目指す。

【Terra Roofer 特長】
・初心者でも簡単、ドローンの自動航行にて屋根の撮影
・クラウドサーバーにて屋根写真の保存
・撮影した写真から屋根の面積の積算

図1:Terra Rooferのイメージ

Terra Rooferのイメージ

図2:Terra Rooferアプリの動作画面

Terra Rooferアプリの動作画面

■ 日本住宅保全協会概要
火災保険の知識を用いて住環境を改善するためのサポート事業「ほけん申請の窓口」を全国に展開する団体。現在の加盟店数は約160社。加盟店は住宅リフォーム事業や不動産管理事業を行う企業が主となる。住まいの健康診断(屋根点検)が誰にでもできる環境を整備・推進し、火災保険活用リフォームという新しい住宅領域の創造を目指す。
【ほけん申請の窓口 特長】顧客満足を追求し、安定経営を目指す、販売支援リピートビジネス。

■ ドローン・フロンティア概要
ドローン運用のプロフェッショナル集団として実務特化型ドローンスクール「アジアドローンカレッジ」の運営や、行政や企業向けにドローンの導入・運用のコンサルティングを行う。年間200件以上の屋根や外壁の撮影・点検を行っており、これまで培った多くの経験を基に「ドローンの安全な運用」と「法令順守」を多くの事業者に広める活動を行う。

【アジアドローンカレッジの特徴】
・最新のドローン関連情報を組み込んだ独自カリキュラム
・各専門ビジネスに特化した専門コース有
・最短2日間で国土交通省認定ライセンスを発行可能

■業務提携概要
日本住宅保全協会の加盟店に対し、Terra Rooferの特別プランを提供。同アプリを用いて屋根点検を実施した後、火災保険を適切に申請するためのサポートを日本住宅保全協会が行います。またドローン操作の講習をドローン・フロンティアがサポートします。これにより、ドローンを安全に利用しながら屋根点検を簡単に、かつ火災保険の申請に必要な情報を収集することが可能となります。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。