ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

茨城県つくば市でドローン配送実用化プロジェクトの実証実験を実施

Google+

つくばSociety 5.0を見込んだドローン配送

株式会社トルビズオン(以下 トルビズオン)は、茨城県つくば市の「つくばSociety5.0社会実装トライアル支援事業」で採択された「スマートシティに向けた、ドローン配送の社会実装」において、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、SOMPOリスクマネジメント株式会社、株式会社カスミ、大和ライフネクスト株式会社、株式会社NTTドコモの協力のもと、ドローン配送の社会実装に向けた実証実験を実施する。

【本プロジェクトの主旨】
ドローンはモノの運搬や測量、災害援助等、世界中で実用化が進みつつある。IoT(Internet of Things)ですべての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有される「Society5.0」の社会において活躍が見込まれており、日本国内のみならず世界のあらゆる場所で実証実験が行われている。そして、つくば市の「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」に本プロジェクトが採択され、ドローン配送の社会実装に向けた取り組みを開始した。
※Society5.0とは
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実社会)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心社会のこと。狩猟社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、情報社会(Society4.0)に続く新たな社会。 

「ドローン配送実用化プロジェクト」を通じて、将来的に物流業界の人手不足問題の解消や環境問題、買い物が困難な方へのサポート等、ドローンを用いたスマートな社会の実現を目指していく。

今回の実証実験では、小売業者や保険会社、不動産管理会社、通信会社などが連携することで、ドローン配送のミニマムモデルを構築する。実証実験を通して、ビジネスモデルの実証、ドローン配送の需要、技術検証などを予定している。

左から、五十嵐つくば市長、トルビズオンCOO清水淳史

五十嵐つくば市長、トルビズオンCOO清水淳史氏(写真左から)

【概要】
1.実証実験の内容
本実証実験では、空中利用権の賃借、ドローンによる商品配送、上空における携帯電波の有効性、課題(土地所有者、近隣にお住まいの方等の理解、需要等)の検証を行う。

2.スケジュール・ドローン飛行
【日時】2月20日(予定)、9:30~13:00 (荒天時中止、予備日は翌日21日10:00〜13:00)
【ドローンの発着場所】はなのき公園、学園の杜公園 計2ヶ所
【使用するドローン機体】ドローン本体9.6kg(1台で運航)、自動運航型、積載商品は2kg以内

ドローンの飛行ルート

ドローンの飛行ルート

使用するドローン

使用するドローン

3.関係機関・役割
・実証実験全般:株式会社トルビズオン
・関係者調整、PR等の実証実験支援:つくば市

◾️協力企業、関係者
・小売:株式会社カスミ
・ドローン運航:SOMPOリスクマネジメント株式会社
・保険:損害保険ジャパン日本興亜株式会社
・配送先集合住宅調整:大和ライフネクスト株式会社(管理会社)
・LTE通信サービスの提供:株式会社NTTドコモ
・住民協力:スマ・エコ シティつくば研究学園区会■ 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
(コメント)
当社は、SOMPOホールディングスグループの損害保険会社であり、お客さまの安心・安全・健康に資する価値ある商品やサービスを創造し続けることで、社会に貢献します。2015年から損害調査にドローンを導入し、2016年には、国土交通省から日本全国でのドローン飛行に関する包括許可承認を保険業界で初めて取得しました。総飛行回数2,000回以上の実績を持ち、自治体への災害支援として、災害における安否不明者捜索にも協力してきました。今後も、様々なパートナーとの提携や最先端のデジタル技術を戦略的に活用することで、新たなお客さま接点の創出や価値ある商品・サービスの提供を目指します。

■ 株式会社カスミ
(コメント)
当社は、北関東を中心に187店舗のスーパーマーケットを展開し、新しいビジネスモデルづくりに挑戦しています。少子高齢化、人口減少、健康寿命の延伸といった社会の変化に適応するために、これまでのスーパーマーケットにはない新しい価値創造を目指し、最先端技術や今後の新しい取組みについて、積極的にチャレンジ、検証を行っていきたいと考えおります。今回の実証実験の協力はその一環となり、様々な技術や知見に触れることで企業としての実績と経験を礎にお客さまから常に選ばれる新しいスーパーマーケットのサービスの構築を目指したいと考えています。

■ 大和ライフネクスト株式会社
(コメント)
当社は、大和ハウスグループの不動産管理会社であり、総合生活支援サービス企業として、一歩先の安心、快適、未来の当たり前を形にし、皆様にお届けするという経営ビジョンを掲げています。
不動産管理業界では、建物の老朽化・災害激甚化・居住者の高齢化等 様々な社会課題が顕在化しつつありますが、今回の社会実験の参画により、高齢者を含む買い物弱者や災害対策等の社会課題に対するソリューション構築を模索するとともに、当社が管理する不動産の上空利用権取引の普及活動により新たな社会インフラづくりに寄与することを目指します。


@ドルビズオン

※sora:share(ソラシェア)とは
トルビズオンが展開する、空の利用権を貸し借りするサービス「sora:share」は、土地所有者とドローンユーザーをつなぐシェアリングエコノミー。(https://www.sorashare.com)

sorashareの説明

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。