ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ハイヤー会社Uberが米で小型航空機の飛行実験を発表

Google+

日本では横浜と東京において運用されている、スマートフォンひとつでハイヤーを呼べることで話題となったハイヤー会社のUberが、11月6〜9日にポルトガルで開催されたGlobal Web Summitにて2020年にロサンゼルスでuberAIR(ウーバーエアー)の飛行実験を行うと発表。新しい無人交通管理や無人航空システムの開発には米航空宇宙局 NASA との間に航空宇宙契約(SAA)を締結したことも加えて発表された。


eVTOL型のUberAirによる飛行実験

Uberがロサンゼルスで飛行実験を行う際に採用する小型無人機は、eVTOL(電動垂直離着陸車両)と呼ばれるヘリコプター型の乗り物だ。離着陸場所には「SkyPort」と呼ばれる拠点を使用し、このSkyPortを20拠点以上所有しているSandstone Properties社と既に提携をすましているという。これによりロサンゼルス国際空港、ロサンゼルスのダウンタウンやサンタモニカ、シャーマンオークスなどを利用することを可能とした。

既存の離着陸システムを使用することで駐車場やビルの屋上、高速道路近辺の屋根などを利用することができ、コストの削減に繋げている。
現在の目標は2028年に開催されるロサンゼルスオリンピックでの一般商業化を目指している。

具体的なメリットとして、車の移動で最大1時間20分用する区間でUberAirを利用した場合、30分かからない時間で移動を可能にすると例をあげた。

なお、第一弾として2020年をめどにアメリカの一部の都市で飛行を開始する予定だ。これを実現化するためNASAと契約を結び、産業パートナーグループとして無人交通管理(UTM)や小型UASの安全かつ効率的な低空運航、ソフトウェアの開発を中心に取り組んでいくこととなる。

UberAirはヘリコプターにプロペラが2つついたような容姿で、オフィシャル動画では乗客は4人。加えて万が一の時に備えてのパイロットが1名乗車できる構造になっているようだ。


UberAirオフィシャルイメージ動画

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。