ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

USEN Mediaが DRONE ENJOYと業務提携契約を締結!空撮を通して新たな価値を提供!

Google+

USEN-NEXT GROUPがドローンビジネスに参入!

USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN Mediaは、株式会社DRONE ENJOYと、ドローン撮影事業に関する業務提携契約を締結した。

同社とDRONE ENJOYは、ドローンを使用した動画撮影及び動画制作事業において、「メディアを通して新しい価値観を展開し、次のマーケットに貢献する」企業理念のもと、同社顧客に対して高品質かつ高付加価値のサービスの提供を実現するため、互いの事業を発展させて行くと発表した。

これまで同社は、首都圏最大級のウェディングイベントを展開する『ウエコレ』(https://wecolle.jp/)をはじめ、料理人掲載数No.1グルメメディア『ヒトサラ』(https://hitosara.com/)などのメディア事業を通して、25,000店を超えるお客様と接点を持ち、多様な業界ニーズやユーザーニーズを汲み取りながら新たな価値を提供してきた。

一方、DRONE ENJOYは、世界大会出場経験を誇るトップクラスのドローンレーサーを筆頭に、全員が1,000時間以上の操縦実績をもつプロフェッショナル集団として、専属パイロットの育成とマネジメント、空撮に適したドローンの開発を行っている(※1)。
※1:国土交通省 無人航空機 日本全国包括許可済み、第三級陸上特殊無線技士取得済み

スマートフォンを主戦場にインターネット上で視聴される動画コンテンツの多様化が進むなか、ユーザーの動画視聴機会は様々なシーンで拡大し、幅広い世代で日常習慣として定着しつつある。またInstagramやFacebookといったSNSにおいて投稿・拡散されるコンテンツの動画化もいっそう加速し、魅力的な動画で効果的にユーザーへリーチしたいという企業のニーズも高まっている。

拡大する動画マーケティング市場において、よりリアルな新しい価値が求められるなか、単なる空撮ではなく世界レベルで活躍するドローンレーサーがオリジナルドローンを主軸にこれまで表現できなかった革新的なカメラアングルを実現することで、よりリアルで生き生きとした魅力的な動画を届ける。

■取り組みの第一弾は、結婚式場向け撮影サービス『ウエコレ ドローンウエディング』

同社が運営する『ウエコレ』において、ドローンやGoProを中心としたカメラで結婚式場を撮影し、リアルでワクワクする動画で会場の魅力を伝える新サービス『ウエコレ ドローンウエディング』(https://wecolle.jp/drone/)を12月19日にスタートする。

​これまで結婚式場に直接足を運ばないと伝わらなかったチャペルの奥行きや、バンケットの天井高や全体感、外観やロケーションの雰囲気など、実際に式場を歩いているかのように視聴ができる。ドローンならではの空撮や、これまで撮影が困難だった角度から見える会場動画にふれることで、よりリアルに式場探しをしたいプレ花嫁と、より魅力的に会場を伝えたい結婚式場の出会いをつなぐ新たな機会創出の場となる。

また会場紹介だけでなく、新郎新婦向けに結婚式本番(挙式・披露宴)の撮影サービスもリリースする予定とし、会場の屋内外、列席者やテーブルの間を縫うように進むトップレーサーならではの高いドローン撮影技術で、バルーンが空に舞い上がる瞬間や、大切なゲストのこぼれるような笑顔など、映画のような特別な一日を思い出に残るリアルな動画で残して行く。

撮影した会場動画は、『ウエコレ』などのWEBメディアやInstagramをはじめとしたSNS、会場のオウンドメディアまで効果的なプロモーションに活用できる。撮影から演出、PRまで、メディアマーケティングのノウハウを蓄積している同社オリジナルの撮影プランを展開する。

今後はウェディング領域にとどまらず、飲食店や企業紹介などUSEN-NEXT GROUPの持つ様々なロケーションにも展開させていき、あらゆるシーンでより質の高いユーザー体験の提供を目指すとしている。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。