ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

テラドローンと東京海上日動が業界初となるUTM自動付帯保険サービス&Terra UTMアプリを開始

Google+

テラドローン株式会社は、ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売、並びに東京海上日動火災保険株式会社と、Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを、2018年5下旬〜6月上旬より開始する。

通常、保険に加入する際には必要書類の準備などの手続きが必要だが、Terra UTMを利用することで、対人・対物賠償保険が加入申請手続きを一切せずに適用され、より安心なドローンの飛行が可能となる。

【サービス内容】
1. 空の道を作り、目視外・第三者上空での安心・安全なドローンの航行を実現
Terra UTMとは、管理画面からドローンの自動航行設定から操作をより安全・簡単に行えるシステム。特に、目視外飛行が重要となる災害時・物流・点検などで活躍する。Terra UTMのアプリでは、下記の機能を利用することが可能。

フライトプランの作成、プランに即した自動航行、フライトログの保管
自動帰還機能、強制帰還機能
飛行禁止区域に侵入した際に自動帰還機能が発動
ドローンの飛行が可能かどうか判断、飛行計画の申請フォームも自動作成
共同での飛行経路管理・確認

2. 対人対物賠償責任保険がTerra UTM利用時に自動付帯

小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会が発表した「空の産業革命に向けたロードマップ」(※注1)では、2020年頃に有人地帯における目視外飛行の実現を目指しており、またドローンの商業利用の拡大が急速に進む中で、安全・安心な飛行に加え重要なのが事故発生時の対応と補償。Terra UTMを購入した際に、東京海上日動が提供する対人・対物賠償保険が自動付帯される。
月額5,000円(Terra UTM アプリ利用料)で提供を開始予定だ。

注1:「空の産業革命に向けたロードマップ~小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備~」(平成29年5月19日小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会決定 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/pdf/siryou7.pdf

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。