ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ウェザーニューズが道路の路面温度を観測

Google+

気象情報を様々な分野と掛け合わせ、幅広いサービスを展開するウェザーニューズが、ドローンによる高速道路の路面温度観測を実施し、実用的であることを発表した。正確な路面温度計測を行うことで、事前の安全処置に役立てていく方針を示した。


気象情報でドローン活用の幅が拡大

主に天気予報のサービスで知られるウェザーニューズは、気象情報を提供することで、航空機・船舶の運行や漁業のサポート、交通・インフラの安全運行、スポーツのサポートなど、”気象情報”を活用することで多くの分野を支えている企業だ。

今年はKDDIと提携し、ドローンと気象観測システムの「ソラテナ」を掛け合わせることで、新たなドローンサービスの構想を提案するなど積極的にドローン活用に取り組んでいる。

北海道で朝と晩の観測テストを実施!

既に気象観測にドローンを活用した実績を持つウェザーニューズだが、今回は新たにNEXCO東日本北海道支社と協力することで、路面状況の観測に挑んだ。

ドローンに赤外線サーモグラフィ・カメラを搭載することで、2017年10月25〜26日に道央自動車道岩見沢IC付近の栗沢にある幌向川にかかる高架橋周辺で路面温度の観測を実施した。高速道路に設けられた観測機器を含む約300mの区間を選定し、朝晩(25日16〜20時、26日5〜9時)に30分間隔で観測を行った。

NEXCO東日本北海道支社では、高速道路の路面に設置された観測機器からの点の観測データや、整備車両に取り付けられた温度センサーから得られる線の観測データを基に、凍結防止剤の散布作業を行っている。しかし、ドローンを活用することで道路の熱分布を面的に観測することが可能となった。

高速道路は多用な素材で構成されているため、素材による温度差がある。それを面的に見ることではっきりと捉えられることが実験によって判明した。時間帯による変化については、鋼床版及び鉄筋コンクリート両構造とも放射冷却の影響を受けて朝の方が低下する傾向が見られ、特に熱しやすく冷めやすい鋼床版では鉄筋コンクリートよりも顕著な温度低下を確認することができた。

ウェザーニューズはドローンによる広範囲の計測を目標とし、今後は北海道内で路面温度の低下が発生しやすいエリアを中心に観測範囲を広げていく予定だ。


■問い合わせ
ウェザーニューズ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。