ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

無人機システム開発メーカーと有志グループが自動運転航空機システムの共同開発を開始

Google+

無人航空機の自動運用に向けて開発始まる

『空飛ぶスーパーカブ』をコンセプトに、誰もが使える空の交通手段開発を目指す有志グループP.P.K.P.パーソナルプレーン開発プロジェクトは、2018年10月に、無人機システム運用・開発メーカー株式会WINGGATEと自動運転航空機運用システムの共同開発を開始する。

自動運転航空機は将来的に、固定翼機やヘリコプターなど、既存の航空機と同じ空域を飛行し、
屋上ヘリポートを活用するなど都市部での運用を行うことになるため、安全性が確保できる運用シス
テムが必須となる。

そこで、JAXAや日本原子力機構向けにドローン用の航空機運用システムを作成・運用してきた実績がある株式会社WINGGATEと、安全性が確保できるシステム開発に取り組んでいくことを決定した。システム内容は自動運転航空機向けとして、「他機との衝突防止システム」や「管制との連携」、「異常時のバックアップシステム」を盛り込んだ運用システムの開発を行っていく。

自動運転システム イメージ

自動運転システム イメージ

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。