ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

準天頂衛星「みちびき」とドローンを活用した複合物流の実証実験を実施

Google+

みちびきをドローンに利用して自動着陸誤差低減に成功


株式会社ゼンリンデータコムと、モバイルクリエイト株式会社は、「準天頂衛星『みちびき』のセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)とドローンの自動飛行技術を組み合わせた複合物流の実証実験」を実施した。

今回の取り組みは、内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社による実証実験の公募に基づき実施されたもの。ドローン関連の開発にはciRobotics 株式会社が協力している。

 

■実証実験の概要
実施日:2019年2月13日・2月18日・3月5日の全3回
実証実験場所:大分県「杵築市山香ふれあい広場」

実験概要図

実験概要図

第2回(2月18日実施)第3回(3月5日実施)の実験では、みちびきのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)の高精度な位置補正技術を活用し、トラックの荷台から離陸して目的地へ着陸、目的地で積み荷をおろしたあと、先に進んでいるトラックの荷台に着陸する飛行実験を実施した。

■実証実験の様子

センチメータ級

目的地に見立てたマットの上に自動飛行で着陸

GPS

センチメータ級測位補強サービス【着陸誤差11cm】
GPSのみ 【着陸誤差146cm】

トラックの荷台に着陸

トラックの荷台に位置補正して自動飛行から着陸を遂行
機材協力:マゼランシステムズジャパン

■補足事項
今回の結果は、CLASの測位精度そのものではなく、ドローン制御にCLASを応用した結果の誤差の検証となる。CLAS単体では、センチメータ精度の結果を出すことに成功した。みちびきから受信する電波、現地の気象環境は日々変化していて、そういった環境要因が結果に影響を及ぼすということがある。

■実証実験の目的
ドローンにみちびき測位機器を搭載し、センチメータ級測位補強サービス(CLAS)とドローンの自動飛行技術を組み合わせ、トラックからの自動離発着を行い、高精度測位と制御技術の実証を行う。

■全3回実証実験時の着陸誤差
誤差データ

■今後の展開
今回の実験でみちびきのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)と、ドローンの自動飛行システムを組み合わせることで、実用的な誤差範囲で飛行制御ができることが実証された。したがって、車輌だけでは配送が成り立たない僻地や限界集落などへの配送の、ラストワンマイルの部分をドローンが担う複合物流を行うことが可能になる。そして、車両からドローンに引き渡すポイントの特定や、ドローンの安定した自動飛行のために地図が有効に活用されるシステムを作り上げていく。


@株式会社ゼンリンデータコム

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。