ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

キヤノンが23万円代のミラーレスカメラ「EOS R」を発表!

Google+

激化するミラーレス市場!キャノンも上級機をリリース!

EOS R * RF24-105mm F4 L IS USM 装着時

EOS R * RF24-105mm F4 L IS USM 装着時

キヤノンは、「RFマウント」を採用する「EOS Rシステム」のカメラとして、35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ“EOS R”を2018年10月下旬より発売する。新開発の「RFレンズ」に加え、専用のマウントアダプター(別売り)を装着することにより、従来の「EFレンズ」や「EF-Sレンズ」も使用できる(※1)。

■「RFレンズ」との組み合わせによる優れた画質と豊かな表現力
「RFレンズ」と有効画素数約3030万画素(※2)の35mmフルサイズCMOSセンサー、最新の映像エンジン「DIGIC 8」の組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」が、連写速度に影響なく使用できるため、連続撮影時(※3)でも快適さを損なわずに「RFレンズ」の性能を引き出すことを実現した。また、常用ISO感度100~40000を実現しており、明るいレンズと組み合わせることで室内や夜景などの暗いシーンでも高画質な撮影が可能に。

■ 多様なシーンに対応する「デュアルピクセルCMOS AF」
各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」と「RFレンズ」の駆動制御を最適化したことにより、最速約0.05秒(※4)の高速AFを実現している。AFエリア任意選択時は、撮像面の約100%(縦)×約88%(横)の範囲(※5)で、ピントを合わせたい場所を最大5,655(※6)のポジションから選べるため、自由な構図で撮影できる。さらに、EOSシリーズで初となるEV-6(※7)の低輝度限界を達成し、肉眼では被写体の判別が難しい暗い状況でも高精度なピント合わせを実現した。

■ ファインダーから目を離さず撮影に集中できる快適な操作性
高精細で視認性の高い約369万ドットの内蔵電子ビューファインダー(EVF)を採用している。新しい機構を採用した操作部と合わせて使用することで、被写体から目を離すことなくさまざまな撮影設定の効果を確認できるため、撮影そのものに集中できる。

製品名 希望小売価格 発売日
EOS R オープン価格 2018年10月下旬

※1 EFレンズシリーズのうち、EF-Mレンズ、CN-Eレンズ(EFシネマレンズ)を除く。
※2 総画素数約3170万画素。
※3 撮影条件や設定によって、連続撮影速度が低下することがあります。
※4 CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。
[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、「RF24-105mm F4 L IS USM」使用(焦点距離24mm位置)、シャッターボタン操作による撮影時、1点AF(中央)、ワンショットAF時。
※5 RFレンズ、現行のEFレンズ(「EF200mm F2.8L II USM」、「EF75-300mm F4-5.6 III」、「EF8-15mm F4L フィッシュアイUSM」、「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」、EF-Mレンズ、EF-Sレンズを除く)装着時。非対応レンズ装着時は、撮像面の約80%(縦)×約80%(横)の範囲となります。2018年9月5日現在。
※6 十字キーによる選択時。AFエリア自動選択時には、測距エリアは最大143分割。
※7  「RF50mm F1.2 L USM」使用、静止画撮影、F1.2・常温・ISO100・ワンショットAF・1点AF(中央)時。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。