ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

CES 2020でエアロネクストがNext MOBILITY®を披露

Google+

CESでNext MOBILITY®を社会実装に向けて出展

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(以下エアロネクスト)は、2020年1月7日(火)から10日(金)に、米ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大級の家電技術見本市「CES® 2020」において、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」の一環のCES “Eureka Park” J-Startupパビリオン出展企業に選出され、Eureka Park®(ユーリカパーク)に出展する。また、CES 2020開催直前に先駆けて行われる公式メディアイベント「CES Unveiled Las Vegas」にも参加し、両会場で、エアモビリティの概念を覆す新たなコンセプト『空飛ぶゴンドラ』と、そのコンセプトを具現化した原理試作一号機Next MOBILITY®を、米国で初めて披露する。

『空飛ぶゴンドラ』とは、安全性と快適性を両立させて今までにない快適な飛行体験を提供することで、エアモビリティの社会受容性を高め、新たな空域の経済化を加速させるという、エアモビリティの全く新しいコンセプトだ。移動の利便性を主目的とする従来のエアモビリティの概念とは一線を画し、操縦者不要の自動航行で、機体の揺れが最小限に抑えられ、乗降しやすく、複数の人が時間と空間を共有しながら移動できる、観覧車のゴンドラが空に飛び立つような世界をイメージしている。

CES 2020では、『空飛ぶゴンドラ』を具現化した原理試作一号機 Next MOBILITY®を展示する予定で、これは米国初お披露目となる。Next MOBILITY®は、回転翼と固定翼を備えたVTOL(垂直離着陸機)で、国内外数々のアワードやコンテストで優勝し注目を集めるドローンの重心制御技術「4D GRAVITY®」と、新たに開発したVTOLの重心制御技術「ティルトボディ®」を搭載し、従来のエアモビリティの課題の解消できる。垂直離着陸時の恐怖心の払拭や、離陸から水平飛行への円滑な移行などを実現している。今回発表するNext MOBILITY®は1人乗りの機体であるが、今後は複数人が乗り込める機体も発表を予定している。本機体が社会実装されれば、世界各国で進みつつある次世代移動サービスシステムMaaS(Mobility as a Service)の「空の移動」において、不可欠な移動手段となるとエアロネクストは確信している。

CESは、世界最大級の家電技術見本市で、AI・5G・次世代交通・8Kなどの目覚ましい技術革新を遂げており、その規模は年々拡大傾向にある。なかでも、今回エアロネクストが出展する「Eureka Park」は、全世界からスタートアップが集結し最先端技術によって具現化した製品やサービスの展示およびビジネスマッチングの場として最も注目を集めるエリアである。今回の出展は、「世界で戦い、勝てるスタートアップを生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する」というコンセプトを掲げた、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」がサポートするCES “Eureka Park” J-Startupパビリオン出展企業に選出されたことで実現した。

今回のCES 2020出展は、2019年5月に中国・上海で開催されたCES Asia、2019年9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFAに続く、世界規模での家電見本市における本格的なブース出展となる。Eureka Park出展のほかにも、CES開催直前に先駆けて行われる公式メディアイベント「CES Unveiled Las Vegas」にも参加し、エアロネクストにとって、各国のポテンシャル提携パートナーやメディアと直接会話し、米国で初お披露目となる『空飛ぶゴンドラ』およびNext MOBILITY®のみならず、エアロネクストの認知度向上ならびに高い技術力をアピールする貴重な機会である。
エアロネクストは、グローバル市場においても「ドローン前提社会の実現」と「新しい空域の経済化」に向けて邁進していく。

CES 2020出展概要
• 日時:2020 年1 月7 日(火)~ 1 月10 日(金)10:00~17:00
• 会場:Tech West Sands Expo Eureka Park(Level 1, Hall G)
• エアロネクストブース:J-Startup パビリオン内(ブースNo.52702)

1. ドローンの重心制御技術「4D GRAVITY®」の概要
「4D GRAVITY®」は、エアロネクストが独自開発した、ドローンの重心制御技術の総称。2軸のジンバル構造。
2. VTOL の重心制御の新技術「ティルトボディ®」の概要
「ティルトボディ®」は、エアロネクストが独自開発した、VTOL(Vertical Take-Off and Landing Aircraft:垂直離着陸機)の離着陸と飛行を安定させる重心制御技術の総称。離陸から水平飛行への移行時に、従来機のようにローターだけが傾斜したり、ローター付きの固定翼が傾斜するのではなく、人が乗っているキャビンとは構造的に分離されたボディ(主翼・プロペラ・モーター・アーム)が、キャビンを地面に対して水平に保ったまま、ボディそのものが傾斜することで、飛行姿勢の安定性を保つ機体フレームで、「安全性」と「快適性」の両方が実現。

3. 原理試作一号機、一人乗りのNext MOBILITY®の概要・特徴・利点・スペック
【概要】「Next MOBILITY®」は、エアモビリティの新たなコンセプト『空飛ぶゴンドラ』を体現した原理試作だ。エアロネクストが独自開発した重心制御技術「4D GRAVITY®」と、新たに発表したVTOL の重心制御技術「ティルトボディ®」の両技術を搭載したVTOL(Vertical Take-Off and Landing Aircraft)機で、今回発表のNext MOBILITY®原理試作一号機は、1 人乗りの機体の実際の3 分の1サイズのモデル。今後複数の人が乗込むことができる機体も発表を予定。

【特徴】
・パイロットの同乗が必要ない遠隔操縦自動航行の乗り物
・離陸から水平飛行への移行がスムーズで安定
・座席が地面に対して水平に保てるので快適な乗り心地
【利点】
・リラックスして同乗者とのコミュニケーションを楽しめる
・乗降位置が低く、スカートやハイヒールでも乗り込みやすい
・前方左右はガラス張りで、空からの景色を楽しめる
・主翼とプロペラを備えることで、有事の際にも即時墜落を回避できる
・着陸時の衝撃を緩和できる
【スペック】(実際の3 分の1サイズのモデル)
全幅1,380mm × 全長1,400mm × 全高700mm 重量8,200g 定員1名。ドアは2面両開き。

4. エアロネクストの受賞履歴(一部抜粋)
・SLUSH TOKYO 2019「Pitch Contest」FINALIST(2019 年2 月)
・中国・深圳「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018」3位入賞、知的財産賞(2018 年11 月)
・CEATEC JAPAN 2018「CEATEC AWARD 2018」経済産業大臣賞(2018 年10 月)
*受賞歴は https://aeronext.co.jp/company/awards-history/ を参照。

*エアロネクストおよびエアロネクストのロゴおよび、4D GRAVITY®、Next VRTM、Next DELIVERY®、Next INDUSTRY®、Next VTOL®、NextMOBILITY®は、株式会社エアロネクストの商標。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標。

『空飛ぶゴンドラ』Next MOBILITY®の着陸形態(左)と飛行形態(右)


@CES 2020
@株式会社エアロネクスト

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。