ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

DJI JAPANがMavic Air2で撮影した動画を公開

Google+

新製品Mavic Air 2による空撮

民生用ドローンや空撮テクノロジーで世界をリードするDJI JAPAN 株式会社(以下DJI JAPAN)は2020年5月27日(水)より4月末に発表した新製品ドローンMavic Air 2を使用し撮影した作品を特設サイト「日本をより美しく。-空は繋がっている-」にて公開した。
岐阜県 貝原棚田にて撮影 ⒸTatsuki Ito(ta2funk)

岐阜県 貝原棚田にて撮影 ⒸTatsuki Ito(ta2funk)

DJI JAPANは、新型コロナウイルスの拡大防止のために多くの人が旅行や帰省を控えている現状を踏まえ、本取り組みを実施した。Mavic Air 2で撮影した「日本各地の美しい景色」の動画・写真を紹介する特設サイトを公開。本サイトでは、長野県乗鞍岳、鳥取県鳥取砂丘など日本の魅力的なスポット、計9つの県にて、それぞれの地方にゆかりのあるクリエイターに“おうちでソラタビ”をテーマとして撮影を依頼した。普段、地上からは知ることの出来ない、空撮ならではの「視点」で体感することができるという。

また、Mavic Air 2のインテリジェント機能の撮影方法をまとめたTips動画も公開中。
難しいと思われがちな飛行操作について、ドローンや空撮初心者の方にも役立つ情報や操作方法について分かりやすく説明していく。

撮影を行ったクリエイターの声

■福島県 – UssiyⒸ(映像クリエイター)Ussiy

福島県の美しい山と湖を沢山の方に見て欲しいと思い、県を代表する秀峰:磐梯山が美しく見える桧原湖。そして県内の中心にあり日本で4番目に大きい湖:猪苗代湖のロケーションを選びました。コロナ問題終息後に、県外の方々が福島を訪れたいと思うキッカケになれればと思い制作。ハイパーラプス撮影、34分の長時間飛行での撮影によって、より美しい作品が実現できました。

■栃木県 – 丸ツバメⒸ丸ツバメ

山梨と富山をメインの撮影地としました。日本のシンボルとも言える富士山を被写体とした理由は、今現在、混沌とした情勢の中にある日本を少しでも勇気づける作品になれるよう、力強い富士山を被写体として選定しました。Mavic Air 2特徴でもある48MPセンサーの解像感が活きる構図として、前景に朝日が差し込んだ木々を入れることで、富士山との対比構図を最大限にすることができました。

■沖縄県 – Crazy OkinawaⒸCrazy Okinawa

映像を通して少しでも癒しを与えられるお手伝いが出来ればと考え、今回は沖縄の海をメインに制作。「開放感と爽快感」をコンセプトに、爽やかな海空、広がる木々など、自然のエネルギーを存分に感じてほしいです。沖縄の夏はこれからが本番。事態が終息したら、是非この景色を生で見に来てください。

Mavic Air 2は、カメラ性能・飛行性能が大幅に向上していることはもちろん、人間工学に基づいた送信機は、持ちやすく操作もしやすいので、クリエーターにとって非常に嬉しいポイントだと思います。


DJI JAPAN-「日本をより美しく。-空は繋がっている-」


@DJI JAPAN株式会社

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。