ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

運用支援サービスSORAPASS利用者に向けたドローンレンタル開始

Google+

ドローンが急に必要になった場合のレンタルサービス

ブルーイノベーション株式会社(以下ブルーイノベーション) と、 株式会社 drone supply & control(以下drone supply & control)、および一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下JUIDA)は、 JUIDA監修のもとブルーイノベーションが運営するドローン飛行支援地図サービス 『 SORAPASS 』 にて、ドロサツのドローンレンタルサービス を特別価格で利用できる新サービス を12月19日より提供開始する。

『SORAPSS』は飛行禁止エリア確認、ドローン向け気象情報提供、飛行申請・報告書サポート機能等、ドローン操縦者の運用を支援する目的で2016年5月にサービスを開始した。現在『SORAPASS』は操縦者の運用支援のみならず、ドローン関連サービスのプラットフォームとしての役割を果たすべく、外部サービスとの連携を強化している。Drone supply & control が提供するドローンレンタルサービス『ドロサツ!!』はドローンを飛行させる際に必要な機材がすべてそろっており、届いてすぐにドローンを飛行させることが可能なパッケージを提供している。

今回『SORAPASS』と『ドロサツ!!』の新しい提携サービスでは、ドローンを始めたいけれど、自分で機体
を購入するのは少しハードルが高いという人に向けた「初心者プラン」とJUIDA操縦技能証明書を取得した人に向けた「上級者プラン」の2つのプランを用意し、より多くの人に快適なドローン飛行体験を提供することを目的としている。

初心者プラン、JUIDA卒業生に向けた上級者プランの2つのプランを用意

『SORAPASS向けドロサツ!!レンタル』の特長
・初心者プラン
6泊7日19,800円 MAVIC Airに破損時も安心な「ドロサツ!!!Care!」をセットでレンタル
上級者プラン
JUIDA 操縦技能証明証保持者 のみ利用可能
2泊3日19,800円 Mavic2Pro, Mavic Airの2台をメイン機と予備機としてセットでレンタル

「ドロサツ」レンタルサービスの概要
・ドローンを1泊2日7980円〜レンタルできるサービス
空撮用のドローンは購入すると10万円以上かかる。しかし、実際に利用する頻度はプロのパイロットでない限り年に数回程度というのが実情。必要に応じて1泊2日〜レンタルできるのが特徴だ。
・届いたらすぐ使える。返却も楽々。簡単に使える体験の提供ドローンが届いたらすぐに使える、そして返却も楽々。ドローンを予約してから使用・返却するまで一連のプロセスを「ドローンレンタル体験」と定義し、その体験価値が下がらない様に、オリジナル使い方動画の提供や、利用可能場所を検索できる本件の提携、返信用キットや、着払い伝票で費用がかからず返却できる等、工夫が施されている。
・レンタル後の購入支援も
レンタル利用後に、購入したくなかった場合の購入支援サービスの提供などドローンの利活用を幅広く支援している。

「SORAPASS」の概要
・飛行可能・禁止エリアが一目でわかる飛行禁止エリア地図表示機能
法令等で定められる飛行禁止エリア(空港周辺や人口密集地等)に加え、石油コンビナートなどの飛行危険エリアの情報を最新の地図情報上に表示される。また、天気情報 も閲覧すること可能。
・飛行可能施設のご紹介
ドローンの利用可能な施設が続々と開設されているが、当該飛行可能施設を紹介することもできる。
・飛行申請書・報告書作成サポート機能
飛行が禁止されるエリアでも、飛行許可申請を取得することでドローンを飛行させられる。
・操縦者情報、機体情報の管理
操縦者の情報、機体の情報を登録し管理することが可能。
(※)本機能は有料サービス


@ドロサツ
@株式会社 drone supply & control
@一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)

 

 

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。