ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

気象庁がドローンによる火山調査を実施

Google+

火山活動を調査し防災に活用

空撮や調査、産業機運用を中心にドローン運用業務を事業展開する株式会社ヘキサメディア(以下ヘキサメディア)は、令和元年8月より、気象庁地震火山部火山課(以下気象庁)が行う、火山活動の推移を的確に見極めるため、ドローン用いて可視画像(静止画及び動画)および熱赤外画像(静止画)を取得し、火口内及びその周辺の火山の噴出の状態や地熱域の状況を把握するためのドローンによる火山調査を行った。
■調査対象火山
草津白根山
阿蘇山
霧島山新燃岳
永良部島新岳
口永良部島火山調査風景

永良部島火山調査風景

草津白根山 オルソ画像

草津白根山 オルソ画像

■ドローン調査の実施内容
気象庁よりヘキサメディアに業務委託された今回の火山調査では、立入禁止エリア外からの調査を行われた。特に赤外線カメラを用いて火山噴火口直上からの撮影は必須課題であり、ドローンを最大高度1,200m、最大距離4kmの飛行を実施した。火口の裏側は電波状況により撮影が極めて困難となる。また、熱赤外線の撮影には太陽光の影響による地熱の上昇を考慮しなければならないため、夜間を中心に実施された。

火山や地形の特徴や天候を鑑みて、自動航行ソフトの特性と調査で必要な高度や距離のシミュレーション、飛行行程と高度によるバッテリーマネージメントにはより注力して調査が行われた。
許可申請関連では、国土交通省航空局、各火山の管轄空港事務所その他関係各所に申請・調整を行い、調査時に空港事務所と調整をしながら実施した。

福岡管区気象台地域火山監視・警報センター 阿蘇山の火山活動解説資料(令和元年10月)より

福岡管区気象台地域火山監視・警報センター 阿蘇山の火山活動解説資料(令和元年10月)より

本案件では、天候の変化により臨機応変な対応を求められたものの、事前のシミュレーションと万全な準備により、事故なく安全な環境で終了することができた。

ドローンによる火山調査風景

ドローンによる火山調査風景

ヘキサメディアは今年度も別案件の火山調査を実施する予定であり、過去に実施した西之島調査や浅間山降灰調査等の経験を生かして、防災のための調査に貢献していく。

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。