ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

お手頃価格の本格派トイドローン「ブラシレスモータードローン」が登場

Google+

中国製ドローンを販売するDBPOWERから、お求めやすい価格ながらも本格的なスペック、撮影、構造を実現した「ブラシレスモータードローン」が発売。搭載可能なカメラはGoPro/Sony/AEE/SJCAM/DBPOWER製の物。価格は税込1万4860円と低価格ながらもしっかりと国内認証済みのドローンだ。

大きな特徴は、製品名にもなっている通りブラシレスモーターを採用。
モーターはプロペラを回す動力源となる部分で、回転が早く回転量も多いためチープなものだと故障する可能性の高い部分である。ブラシレスモーターにすることで、摩擦を大幅に低減し、発熱を減らし、モーターの耐久性を向上させられるメリットが増え、さらにはモーターの回転効率が上がるため、バッテリーの寿命を50%以上も向上することができる重要なパーツとなっている。

また、モーターを保護するために、独立したシステムESC、自動ロック保護機能を採用しています。

無線電波には一般的な2.4GHzを採用。
トイドローンでは遠隔操作距離が約80m程のものが多い中、ブラシレスモータードローンでは300〜500mの遠隔操作距離を実現した。より高く、遠い位置への飛行ができることで、空撮の幅も広がること間違いない。

バッテリーはトイドローンとしては大容量な7.4V 1800mAhのポリマーバッテリーを搭載。フライト時間は約18分を可能とし、アクションカメラを搭載した状態であっても約12分間の飛行が確認されている。

トイドローンはセンサー類が搭載されていないため、コントロールが不安定な物が多いが、ブラシレスモータードローンは高性能6軸ジャイロを搭載している。これにより安定した上昇、下降、前進、後進、左回し、右回し、3Dフリップが可能となった。そのほか、バッテリーの残量が足りない時、プロポとの距離が500mを超える時、プロポから注意を促すアラームが鳴る仕組みになっており、ドローンの紛失を抑制している。


低速/高速調整
低速/高速の二つの速度モードを持ち、初心者にも上級者にも適しています。
仕様
充電時間:約300分
バッテリー容量:7.4V 1800mAh ポリマーバッテリー
飛行時間:18分(アクションカメラなし)12分(アクションカメラ搭載)
リモートコントロール距離:300-500メートル
送信機のバッテリー:4×単三電池(別売り)
サイズ:440*440*145mm
セット内容:
1*ドローン本体
1*リモコン
1*プロペラガード*4
4*脚
8*プロペラ
1*レジ回し
1*プロペラ交換ツール
1*充電器
1*アクションカメラスロット

■問い合わせ
DBPOWER
amazon

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。