ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

獣をイメージしたスタイリッシュなブラシレスモータードローンが登場

Google+

DBPOWERが販売する「ブラシレスモータードローン」に第二弾が登場しました。第一弾と同じくアクションカメラを搭載することで本格的な空撮を楽しめるうえに、フライト性能も6軸ジャイロを採用するなど安定したフライトを実現しました。第一弾に比べバッテリーを小型化した第二弾ですが、10分以上のフライトも可能なトイドローンです。さらに今なら2017/11/24~2017/12/04 クーポンコード「381DRONE」で40%OFF で購入できます!
※第一弾ブラシレスモータードローンはこちら


トイドローンの域を超えた性能とサイズ感

●税込価格:1万9920円

獣をモチーフにしたワイルドな外観デザインが魅力的なブラシレスモータードローン第二弾は、2.4GHz無線電波と干渉防止機能を採用し、両方向通信を実現している。遠隔操作距離は他のトイドローンよりも長距離の通信を可能とし、約300-500mに達することができ、また最高時速は80km/hにも達する。

新たに採用するブラシレスモーターは1800KVのモーターを採用している。このモーターを採用することで摩擦を大幅に低減し、発熱を減らすことに成功した。またモーターの耐久性を向上させて効率を高めており、バッテリーの寿命を50%以上も延ばせすことが可能になった。ブラシレスモーターは普通のモーターよりもっと強力で長持ちしスピードが速いのが特徴。モーターを保護するために、独立したシステムESC、自動ロック保護機能を採用している。

バッテリーは高エネルギー密度の7.4V 1300mAh Lipoバッテリーを使用しており最高のパフォーマンスを実現する。完全充電された状態で最長12分間の飛行を可能としているのが特徴だ。第一弾は7.4V 1800mAhポリマーバッテリーを採用しており最長18分間の飛行を可能としている。

GoPROも搭載可能なトイドローン

ボディーには耐久性のあるABS素材を使用しており破損しにくく、柔軟な飛行を可能とする。トイドローンでも空撮をしたいというニーズに応え、DBPOWER/GoProカメラまたは別の機種のカメラも搭載でき、本格的に空撮を楽しめるドローンだ。

さらには、高性能6軸ジャイロ搭載で上昇、下降、前進、後進、左回し、右回し、3Dフリップを簡単にコントロールでき、抜群の安定性を実現した。ドローンバッテリーの残量が足りない時や、リモコンとの距離が300mを超える時にリモコンからアラームが鳴り、ドローンを戻すことも可能。紛失する可能性を最大限に抑制できる。


■問い合わせ
DBPOWER
amazon

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。