ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

浜名湖畔遊園地や絶景庭園美術館でドローン撮影会を開催

Google+

ドローンの撮影を通じて静岡県の魅力を発信

静岡県広聴広報課は、ドローンの映像や写真を活用して県の魅力を国内外に発信するため、11月7日(木)及び12月7日(土)に初心者でも楽しめる無料ドローン撮影会企画『ドローンジェニックな旅をしよう in 静岡県』の開催を発表、参加者を募集開始している。

本撮影会は、ドローン未経験者にも楽しめるよう空撮ドローンの無料レンタルを行うほか、「地域創生×ドローン」をテーマに空撮やドローンパイロット教育、ドローン空撮ツアー等を展開する株式会社Dron é motion(以下ドローンエモーション)が講師を担当し、基本レクチャーや撮影指導を行う。初心者や未経験者にも丁寧なレクチャーでドローンを学べる内容となっている。

11月7日(木)訪問地は、浜名湖畔の「サゴーロイヤルホテル」内プールと湖畔遊園地の「浜名湖パルパル」。浜名湖畔の絶景プールで基礎練習をしたのち、休園日の遊園地「浜名湖パルパル」のアトラクションエリアで “ドローンジェニック”な撮影会を開催する。

浜名湖畔にある南国の雰囲気たっぷりのサゴーロイヤルホテルのプール

休園日で誰もいない浜名湖パルパルで撮影会が可能

12月7日(土)は、緑と自然あふれる「水と緑の杜公園」と庭園の美しい美術館「クレマチスの丘 ヴァンジ彫刻庭園美術館」を予定。水と緑の杜公園でドローンの基礎練習を行い、ヴァンジ彫刻庭園美術館にて庭園内のアート作品を取り込んだドローンジェニックな空撮創作活動を行う予定だ。

ヴァンジ彫刻庭園美術館で作品の一部になりながらドローン空撮

撮影会当日はドローンエモーションの講師が立ち会いのもと、安全管理や指導・ドローン撮影のレッスンなどを行うことで初心者でも魅力的な空撮を楽しむことができる。

静岡県広聴広報課とドローンエモーションでは、参加者がドローン空撮や旅を楽しんだ結果として地域の魅力が広く伝わる仕組みの構築を目指しており、ドローンエモーションが提供するドローン絶景地とドローンユーザーをマッチングする『そらチケ』を活用した安全・合法的にドローン空撮が楽しめる環境を静岡県内でも提供できるよう調整を重ねている。

開催概要(11月7日)

開催日:2019年11月7日(木)※雨天・荒天の場合は11月14日(木)に延期。
場 所:静岡県浜松市
定 員:10人程度 ※申込者多数の場合は、SNSフォロワー数が多い人を優先。
参加費:無料 ※集合場所までの交通費や食事代等は自己負担

※最少催行人数は6人。

当日のスケジュール

【9:00】       浜松駅北口集合 バス(無料)で撮影地に移動
【午前】       舘山寺サゴーロイヤルホテル
【昼食】
【午後】       浜名湖パルパル
【17:00】     浜松駅北口解散

開催概要(12月7日)

開催日:2019年12月7日(土)※雨天・荒天の場合は12月14日(土)に延期。
場 所 :静岡県長泉町
定 員 :10人程度 ※申込者多数の場合は、SNSフォロワー数が多い人を優先。
参加費:無料 ※集合場所までの交通費、ヴァンジ彫刻庭園美術館入館料(1,000円)や食事代等は自己負担

※最少催行人数は6人。

当日のスケジュール

【9:00】       三島駅北口集合 バス(無料)で撮影地に移動
【午前】    水と緑の杜公園
【昼食】
【午後】   クレマチスの丘 ヴァンジ彫刻庭園美術館
【17:00】      三島駅北口解散

参加申込方法
参加申込書を10月18日(金)までに電子メールで提出。
申込書URL:http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-110/dron/tour.html
申込先メールアドレス:PR@pref.shizuoka.lg.jp

参加条件
・撮影した写真・動画等をSNS等で配信することで観光促進に協力すること(投稿3回以上)。
・参加者が撮影した動画等を県が無償で自由に利用することについて承諾すること。
・ドローンを持参する場合は、有効な第三者賠償保険に加入済みであること。

注意事項
・ドローンをお持ちでない方には無料でドローンを借りることが可能。
・当日は、マスコミによる取材・撮影が入る可能性があり、参加者が映り込む場合があり、それらは、テレビ・新聞・雑誌・WEBなどに露出・掲載される場合がある。

お問い合わせ先:静岡県知事戦略局広聴広報課
E-mail:pr@pref.shizuoka.lg.jp
TEL:054-221-2976


@そらチケ
@株式会社Dron é motion
@Stayway(協力会社)

 

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。