ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

ドローンの損害を低減するMARSパラシュート

Google+

ドローンには最先端技術を駆使したセンサーやアクセサリーパーツを搭載できますが、全てが最先端なものではないようです。

ちょっと原始的ではあるけれど、ドローンの安全性を確保する製品が開発されました!海外製品なだけに発想力豊かです。

「MARSパラシュート」は墜落時における機体の破損をやわらげる目的で作られたドローンのパラシュート。一度開いたパラシュートは複数回再利用が可能。ちなみにパラシュートは1つの機体に対して複数装着もできる。

基本はDJIの機体に合わせて設計されていますが、ほかの機体でも装着は可能。各機体に合わせてパラシュートのサイズをいくつかラインナップしています。価格は269.98ドルということなので約3万円といったところでしょうか。

パラシュートがどのようにして開かれるかというと、Maydayと名付けられたコンピューターデバイスには3軸ジャイロ、加速度計、気圧計が備えられています。突然の落下時などにはセンサーに通常とは逆の数値が認識されることで自動的に展開する仕組みになっているようです。

インスパイアに搭載した写真がありますが、筒状のケースに収納されているようで、想像以上に収まりは良さそうですね。

実際に展開する姿は動画でチェック!
とはいえまぁまぁな速度で落ちてますが…。
https://youtu.be/7mptHHuVtKw

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。