ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

業界初!固定局なしで高精度飛行を実現。高性能大型(10L)農薬ドローンを開発

Google+

国産ドローンメーカーのイームズロボティクスは、農薬散布用ドローンAS10及びAS10-Nを発表した。同社はこれまでも農薬散布用ドローンを開発・販売している。AS10は、従来の5Lタンク搭載のエアロスプレイヤーAS5Ⅱに比べ、容量が10Lにアップ。一度のフライトで1haの散布が可能となった。

自動帰還機能とアプリでより安全・簡単に

新たな機能として、「エンプティセンサー」と「レジューム機能」を搭載した。エンプティセンサーは薬剤の容量を感知。レジューム機能は、薬剤切れやバッテリー切れを感知した際、自動で帰還する。薬剤やバッテリーの交換後は、自動的に中断した場所から作業を再開することができる。 アプリケーションは日本語表示であり、直感的な操作で自動飛行プランの作成が簡単に行える。飛行高度も自動で適切な高さを維持するなど、操縦者のスキルに依存しない運用も魅力だ。同社では、講習を行っており、マンツーマンの講習を2日間受講すれば、だれでも操作できるようになるという。

数センチ単位の精度を実現するNtrip方式

また今回、AS10にNtrip専用モジュールを搭載したAS10-Nもラインナップ。Ntrip(※)は、電子基準点から得た情報を元に補正測位データを生成、LTE回線を通じてNtrip地上局端末に配信する仕組み。スマホサイズの地上局端末とAS10-Nがあればよく、固定局や圃場の四隅の位置出しを行うことなく、数cm単位の飛行精度を実現できるという。農薬散布では、隣の圃場などに散布した農薬が流入するドリフトが問題となっており、Ntrip方式によって、そのリスクを低減できる。(※Networked Transport of RTCM via Internet Protocol)

【オプション】粒剤散布機

また、このNtrip方式はオプションとして追加できる。AS10を導入後に、精度の高い散布の必要性を感じた場合にあらためて付属することが可能だという。ほかにも粒剤散布装置もオプションとして用意されており、1mm~5mmほどの粒剤に対応している。

【主な仕様】
軸間:1,501mm
離陸最大重量:28.4kg
・LiPo6セル22000mAhを2本搭載し、約10分で1haを散布することができます。
・散布巾:4m
・レーザーレンジファインダー搭載で高さを維持して飛行します
・自動航行用Windowsタブレット(10インチ、12インチから選択)
商品付帯保険あり、導入講習は実技・座学の計2日から

発売は2020年12月より、受注生産(納期2021年3月~予定しています)
価格:オープン価格

【お問い合わせ先】
イームズロボティクス株式会社
info@eams-robo.co.jp

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。