ドローンの未来を発掘するエンターテインメントマガジン DRONE NEXT

海老名警察署と大東電業が『災害発生に伴う活動支援に関する協定』を締結

Google+

災害時にドローンを映像映像伝送システムを活用

設備点検・災害対策・警備監視の領域を中心とする社会インフラDXのリーディングカンパニーを目指す株式会社センシンロボティクス(以下センシンロボティクス)は、海老名警察署と大東電業株式会社(以下大東電業)が締結した『災害発生に伴う活動支援に関する協定』において、ドローン映像伝送システム『SENSYN DC』が活用されたことを発表した。

本協定は、災害発生時に海老名警察署が大東電業へ要請し、災害発生時に立ち入れない被災箇所の把握や行方不明の操作活動にドローンを活用するというもの。

『SENSYN DC』は、ドローンで撮影している映像を、遠隔かつ複数の拠点でリアルタイムに共有し、コミュニケーションを取ることができるシステム。現場の状況を遠隔からリアルタイムで確認できるほか、機体に搭載されたカメラの向きやズームなどの操作も行うことが出来るため、災害時には被災地から離れた警察署にいながら素早い被災状況の把握、意思決定を可能にする。

協定締結時に行ったデモンストレーション。 要救助者の場所を特定、救助活動の指示を行うことが可能。

協定締結時に行ったデモンストレーション。 要救助者の場所を特定、救助活動の指示を行うことが可能。

センシンロボティクスは、ドローンを中心としたロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開してきており、「自動化・汎用化」をテーマに、主に設備点検・災害対策・警備監視の3領域でサービス提供を行っている。センシンロボティクスはこれまで高い専門性が必要とされていたドローンの業務運用を簡易化し、あらゆる作業を自動化できるサービスの提供を実現すべく取り組んでいる。


@株式会社センシンロボティクス

「いいね!」を押して
ドローンの最新情報をGET

Twitter で

この記事は私が書きました。